G大阪、FWパトリックの契約満了を発表「ガンバですごく幸せでした」

写真拡大

▽ガンバ大阪は1日、ブラジル人FWパトリック(29)が6月30日で契約満了となり、更新をしないことを発表した。

▽2014年7月にG大阪に期限付き移籍で加入したパトリックは、すぐさまチームに馴染み、9得点を記録。J1リーグと国内カップ、天皇杯の3冠に貢献し、Jリーグベストイレブンにも選出された。翌年も主力としてプレーし、リーグ戦12得点を記録したほか、天皇杯の2連覇にも貢献した。ただ、昨年10月に右前十字じん帯損傷及び右外側半月板損傷により、全治8カ月の負傷で長期離脱。今季は5月の明治安田生命J3リーグで復帰したものの、トップチームでの出場はなかった。

▽パトリックはクラブ公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

「今日まで応援してくれた全てのサポーターの皆様に感謝します。ガンバですごく幸せでした。タイトルを獲得出来て、それが僕の目標でした。チームを去ることは寂しいですが、サッカー人生では起こり得る事です。本当にチーム関係の皆様、強化部、コーチングスタッフ、選手、僕に携わってくれた全ての方に心から感謝しています」