東京おもちゃショー2017で、Yボリューションジャパンが電動一輪車「JYRO Roll」など電動乗り物「JYRO」シリーズをドドンと3点出展しています。

Y Volution

http://yvolution.jp/

東京おもちゃショー2017 INTERNATIONAL TOKYO TOY SHOW

http://www.toys.or.jp/toyshow/

Yボリューションのブースに……



充電中のおもしろそうな物を発見。



◆JYRO Roll

これは、「JYRO Roll(ジャイロロール)」という、電動の一輪スクーター。中央のタイヤにまたがるようにして乗り、スケボーのように左右に移動します。最高時速はなんと15km/hだとのこと。



ステップはこんな感じ。



タイヤは直径254mm、幅138mmで、荒れた道でも走破可能だとのこと。ホイール内にモーターとジャイロセンサーを搭載しています。



ボード側面に電源ボタン。横にはバッテリー容量を示すインジケーター。



ボードの両先端は赤色のLEDで発光します。



バッテリーはSamsung製の容量4.4Ahで、充電時間は3時間。フル充電では約12キロメートルも走れるそうです。



どうやってJYRO Rollに乗るのかは、以下のムービーを見れば分かります。

電動一輪スケボー「JYRO Roll」はこうやって乗る - YouTube

さっそく乗ってみました……が、乗れず。バランスを取るのが難しく、見た目以上にスポーツ性アリ。乗れるようになるには練習が必要ですが、何とか15km/hで爆走してみたい、乗りこなしたいという衝動に駆られました。JYRO Rollは2017年9月に10万円程度で発売予定です。



◆JYRO Solo

同じく電動一輪車「JYRO Solo」



フロントまわり。青色のLEDが怪しく光ります。



ボタンを押すとライトが点灯します。



後方にもLEDを搭載。



側面中央に電源ジャック。本体に充電コードをつないで充電します。バッテリー容量は2Ahで充電時間は3時間。



ステップは……



折りたたむことが可能。



JYRO Soloはよく見ると2輪でした。



天面はスーツケースの様にハンドルを引き上げられます。



ジャイロセンサーを搭載しているJYRO Soloは、お散歩するように移動させることも可能です。



体重移動だけで操縦して、最高速度は20km/hで最大20キロメートルの走行が可能な「JYRO Solo」でスイスイ進む様子は以下のムービーから。

最高速度20km/hの一輪スクーター「JYRO Solo」でスイスイ走行する様子 - YouTube

JYRO Soloにも乗ってみました……が、乗りこなせず。JYRO Rollと同様、かなりスポーツ性の高い乗り物になっていました。JYRO Soloは10万円程度で2017年9月に発売予定です。

◆JYRO Flow

これは電動キックボード「JYRO Flow」。キックボードを電動化したものです。



ハンドル中央部位はディスプレイを搭載。



右ハンドル下の黒いレバーがアクセルで、押すとアクセルON。



左の赤いレバーはブレーキ。



ディスプレイには走行速度やバッテリー残量、パワーなどを表示可能。



ディスプレイ下のボタンは中央が電源ボタンで、長押しして本体のON/OFFが可能です。



右のボタンを押せば、パワーモードを上げることができます。パワーモードは3段階で、速度が欲しい場合や上り坂などではパワーを上げればOK。



JYRO Flowのハンドルは取り外しが可能。



ハンドルステーは折りたたみ自転車と同様の機構です。



ハンドルを下にたどった部分に充電用のジャック。コードを本体に挿し込んで充電でき、充電時間は2.5時間。フル充電では22キロメートルを走行できます。



なお、SANYO製の容量6.6Ahのリチウムイオンバッテリーはハンドルステー部分に入っています。



前輪。フェンダーから分かるとおり、JYRO Flowは雨の中を走行可能です。



ハンドルはかなり切れます。



後輪のフェンダー



足で押すタイプのブレーキを兼ねているのはキックボードと同じ。



ステップ幅はこれくらいで、足は前後に一列になるように載せます。



ということで、JYRO Flowの走行はこんな感じ。

電動キックスクーター「JYRO Flow」は練習なしで楽しめるスポーツギア - YouTube

JYRO Flowは練習なしで乗れました。とはいえJYRO Flowも最高スピードは25Km/hとかなりの走行性能だとのこと。JYRO Flowは8万円程度で2017年9月に発売予定です。アメリカでは通勤に電動スクーターを使う強者がいるとのことですが、日本では道交法により、JYROシリーズの公道走行はできないことには注意が必要です。

・おまけ

電動スクーターの「JYRO」シリーズは、対象年齢が16歳以上のスポーツギアですが、Yボリューションは子ども向けの乗り物が主力製品だとのこと。



電動マシンの中に置かれていた「Y Fliker」というユニークな形のスクーター。



後輪は自由に動き、ステップの体重移動でスイスイと進むことができます。



Y Flikerには乗り味に応じて種類があり、これは「CARVER」というドリフト走行が可能なタイプだとのこと。



ハンドルステーとフレームをはさむオレンジ色のゴムブッシュも搭載しており、ドリフト走行に耐えられる仕組み。



ハンドル部にはブレーキもあり。



Y Flikerでどのような走行が可能なのかは以下のムービーで確認できます。

ステップを踏んでぐいぐいと進むアナログスクーター「Y Fliker」が新感覚で思わずハマる乗り心地 - YouTube

アクロバティックな動きもできるY Flikerは子ども向けだけでなく大人向け製品もあり。乗ってみると想像以上に楽しく、ハマりそうな魅力を秘めていました。