遊べるはずだったウォーキング型VRゲーム

株式会社セガ エンタテインメントは、5月31日のオープンを予定していたVRアトラクション施設「SEGA VR AREA AKIHABARA」について、機材の不具合が確認されたため、施設のオープンを延期すると発表した。

 

本施設は、秋葉原の「クラブセガ 秋葉原新館 6F」に新規開店するVRゲーム専門の施設。第一弾のアトラクションとして、韓国Skonec社が開発したウォーキング型のVRFPSゲーム「MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION」が発表されていたが、延期となってしまった。

 

同社では、謝罪すると共に、「新しいサービス開始時期につきましては決定次第、改めてご案内させて頂きます」としている。

発表資料

URL:https://tempo.sega.jp/tnsb/vr-area_akiba/

2017/06/01