Googleは現地時間5月31日、ビジネス向けGmailを対象に、機械学習モデルを利用した新たな機能スパムメール検出機能」や「社外秘情報の流出を防ぐ機能」などを追加しました。

不正メール検出率99.9%越えの「スパムメール検出機能」

スパムメール検出機能は、人工知能の一つ「機械学習アルゴリズム」が採用されており、99.9%以上の精度で悪意のあるメッセージを判別します。
 
たとえば、マルウェアやランサムウェアなどが添付されたウイルスメールは、ファイルの特徴や送信者の署名を組み合わせて認識することで、ブロックすることが可能です。
 

 
また、疑わしいURLをクリックした際は、「訪れようとしているサイトは偽造ページの可能性があり、個人情報を盗み取られる恐れがある」といった内容の警告文が新たに表示されるようになり、ユーザーに注意を促します。
 
Googleは、Gmailの受信するメッセージの50〜70%はスパムメールだと説明していますが、今回の新しいセキュリティ機能を採用することで、1日に何億通ものスパムメッセージを排除できると予想しています。

データ流出防止対策

データ流出防止対策としては、社外秘のデータを間違って社外の人物に送信しないようにする機能が追加されました。
 
 
この機能は、社外ドメインから届いたメールに返信しようとすると「この受信者はあなたの組織に所属しておらず、連絡先にも入っていない」という内容の警告文を表示します。
 
Googleによれば、送り先の相手が連絡帳に登録されている、もしくは日常的に連絡をとっている相手であれば警告文は表示されないため、Gmailの警告が過剰になることはないと言及しています。
 
 
Source:CNET Japan,Google
(kotobaya)