画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ウエスタンデジタルは6月1日、NAS向けに開発された3.5インチHDD「WD Red」と「WD Red Pro」に10TBモデルを追加したことを発表した。

「WD Red」が6月上旬、「WD Red Pro」が6月下旬の出荷の予定。価格はオープン。国内代理店のテックウインドが取り扱いを表明しており、店頭予想価格(税込)は、WD Redの10TBが49,800円、WD Red Proの10TBが63,800円となっている。

NAS向けHDD「WD Red」と「WD Red Pro」の10TBモデルは、ヘリウム充填技術「HelioSeal」を用いた4世代目の製品。WD Redは、常時稼働する1〜8ベイのNASシステムに適しており、回転数5,400rpmで運用可能。上位モデル「WD Red Pro」は、最大16ベイまでのシステムを見据えており、回転数7,200rpmクラスでの運用に対応する。

高度なバランス制御技術「3D Active Balance Plus」により、ドライブの全体的な性能と信頼性が向上。また、独自ファームウェアのNASware技術を「NASware 3.0」に強化し、信頼性とシステム性能も向上したという。

インタフェースはSATA6Gbps、キャッシュ容量は256MB。保証期間は「WD Red」が3年間、「WD Red Pro」が5年間。