オーストラリア・メルボルンの空港に引き返したマレーシア航空MH128便の機内に乗り込んだ武装警官。乗客アンドリュー・レオンセリ氏の提供写真(2017年6月1日撮影、提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)オーストラリア・メルボルン(Melbourne)からマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)に向かっていたマレーシア航空(Malaysia Airlines)の旅客機内で5月31日、爆弾を持っていると男が騒いで乗客らに取り押さえられる事件があったが、この男は同日に精神科病棟を退院し、その足で空港に向かったとみられることが分かった。豪警察が1日、発表した。

 事件の起きたMH128便に搭乗していた乗客らによると、男は「この飛行機を爆破してやる」などと叫びながらコックピットに突進した。乗客らは命の危険を感じたと話している。

 乗客数人が男を床に組み伏せて縛り上げた後、MH128便はメルボルン空港に引き返して緊急着陸。ライフルなどで武装した警察の特殊部隊員が機内に乗り込み、男に手錠を掛けて飛行機から降ろした。

 オーストラリア・ビクトリア(Victoria)州警察のグレアム・アシュトン(Graham Ashton)本部長は、記者会見で「男は(5月31日に)精神科病棟を退院したばかりだった。そこで航空券を購入し、空港に向かって問題の便に搭乗したとみられる」と述べた。

 アシュトン本部長によれば、スリランカ人のこの男(25)はメルボルン郊外ダンデノング(Dandenong)在住で、シェフになるため勉強していた。機内では爆弾を持っていると主張していたが、実際に所持していたのは米アップル(Apple)の「iPhone(アイフォーン)」より一回り大きいブルートゥース(Bluetooth)対応スピーカーだったという。

 90分間に及んだ恐怖の体験について、ビジネスクラスの座席に搭乗していたオーストラリアンフットボールの元選手アンドリュー・レオンセリ(Andrew Leoncelli)氏は、豪ラジオ局に次のように証言している。

「乗務員が『座席に戻って座ってください』と男に言っていた。男は『いやだ、座らない。この飛行機を爆破してやる』と答えた。乗務員が『助けてください、誰か助けて』と叫んだので、私はシートベルトを外してぱっと立ち上がり、男に向かっていったんだ」

 レオンセリ氏によると、男は機内後部に向かって走って逃げたが、そこで別の2人の男性に取り押さえられ、手に持っていた何らかの装置を取り上げられたという。
【翻訳編集】AFPBB News