世界的ベストセラーとなった『人生がときめく片づけの魔法』の著者・近藤麻理恵がNYのアパートメント入居者に“ときめき”を提供するというニュースををUS版『エル・デコ』からお届け。

Instrata Lifestyle Residencesは先日、セレブも御用達の片づけコンサルタント近藤麻理恵による“こんまり流”片付け術を、ニューヨーク市が所有する5つのアパートメントの入居者に向け提供すると発表した。“こんまり流”片づけコンサルティングは世界的ベストセラー、『人生がときめく片づけの魔法』でも解説されていた日本人の価値観に基づくもので、入居者の部屋の片付けを手伝うため認定されたコンサルタントは、不動産会社と提携している。
 
その片付け法で大事なポイントは、“ときめき”。心がときめくモノだけ残し、それ以外の不要なモノは、「今までありがとう」と感謝して捨てること。報道によると、この初めての取り組みは、ニューヨークにあるヘルズキッチン、ノマド、グラマシー、パークスロープ、ブルックリンハイツに住むInstrata Lifestyle Residences賃貸住宅の入居者には、50時間におよぶ厳しいこんまり流片付け術の特訓を受けた“こんまりコンサルタント”を利用できる特別な権利が付与されている。

 

コンサルタントは、「入居者たちの暮らしのなかで何が必要かを認識するため、数回におよび5時間のプライベートセッションを行います。入居者を指導し、サポートすることにより、完璧に片付けられた理想の空間を創り出すことができるのです」と話す。

こんまり流片付け術は、世界じゅうの数えきれないほどの片付け実践者たちが、片付けによる“リバウンド”経験を通して、自分たちの暮らしを見直し、再び目を向け、暮らしを立て直す手助けをしてきた。メディア広報担当者のヤマウチ・カズマは「特にニューヨークのような目まぐるしく移り変わるスピード社会に住むたちは、ほんの少しの時間のなかで何を“捨て”何を“残す”かを考えなければならない。私たちはこんまり流片付け術の過程のなかにこそ本質的価値があるという強い信念を持っています。そして残ったときめくモノたちこそが私たちの財産になるのです」と話す。

Instrata Lifestyle Residencesでは現在、マンハッタンの賃貸住宅がおよそ¥412,000から契約可能。いつでもすぐ駆けつけて来てくれるパーソナルコンサルタントの存在は実際とてもありがたいはず。

Photo:Instrata Lifestyle Residences

>>US版エル・デコの元記事はこちら