三浦カズ、15年ぶりにエステのCMに復帰

写真拡大 (全2枚)

『男のエステ ダンディハウス』は新イメージキャラクターとして横浜FCの三浦知良を起用した。何と2002年以来、およそ15年ぶりの復帰となる。

26日に公開されたCMで、タキシードを着たカズは「行こうぜ、ダンディハウス。」、「磨こうぜ、日本の男たち。」とメッセージを発している。「難しいですよ。サッカー選手なので」とは本人談でリハーサルには入念に取り組んだという。

メンズエステの先駆けであるダンディハウスは、これまでリチャード・ギア、桑田佳祐、木村拓哉らそうそうたる面々がイメージキャラクターを務めてきた。

50歳のカズは今季J2で7試合1ゴールをあげているが、左膝負傷もあり5月以降は試合に出場していない。CMだけではなくピッチでの早い復活を望みたいところだ。