今年は、春から気温が上がる日が多くなり、今夏は猛暑が予想されているのだとか。どんなにオシャレをしていても汗だくになっては台無し。今回は、夏に汗だくになるのを避けるための流行ファッションをまとめてみました。

トップス、ボトムスはルーズが決め手

体にフィットした洋服は風通しが悪く、暑さがこもるので、汗だくの原因となります。今年、旬の大きめトップスやワイドパンツもルーズな着こなしが楽しめるので、汗だくにならずにオシャレを楽しめそうです。

キャミ着用時の胸汗原因となるブラパッド

春夏に欠かせないアイテムといえばキャミソール。中でもジメオトリック柄や、レトロ柄が今年人気のアイテム。胸元の露出があるキャミソール着用時は、胸汗を避けるために、ノンワイヤーやコットン素材のブラがオススメです。暑い日を快適に過ごすには、ブラパッド付きキャミソールも◎。厚めのブラパッドやワイヤーは、胸汗や胸回りのかゆみの原因となるので避けた方がベター。

シャツワンピで1日中クールに

今年はボタニカル柄や、レトロ柄が旬のプリントワンピ。ワンピースは体にフィットしないルーズなデザインを選ぶのが、1日中クールに過ごすポイント。また今年人気のシャツワンピをさらりと着るのも◎。シャツワンピは快適なだけでなく、秋にかけても着まわしがきくので1着持っていると重宝しそうです。

旬のシースルーで涼しくオシャレ

今年の春夏注目を集めているシースルーやレース素材のアイテム。見た目にも涼しげなシースルーアイテムは、今季はスカートやワンピース、トップスなどに取り入れられ、バリエーションが豊富。デニムのショートパンツにシースルーのスカートを合わせるなどの、レイヤーコーデも注目されています。

甘いパステルピンクで日光吸収を回避

真夏日に避けたい濃い色の服。黒や紺色の服は、太陽の光を吸収してしまうので暑い日にはNG。汗だくを回避するには白やベージュ、パステルカラーなど薄めの色をチョイスするのが◎。とくに、今夏はパステルピンクが人気の予感。

旬のチュールスカートで爽やかに

昨年に引き続き人気のチュールスカートは、風通しもよく見た目にも爽やか。甘くなりがちなチュールスカートは、スニーカーやTシャツなどと合わせてカジュアルに着こなすのが今年風。トレンドカラーのカーキ色のチュールが人気です。

人気のキャップは風通しのよい素材をチョイス

夏に欠かせない小物といえば、帽子。今夏人気が高まっているキャップは、オシャレなだけでなく、日よけとしても活躍してくれます。ただし、風通しの悪いウールやポリエステル素材の帽子はNG。キャップは風通しがよい天然素材のものを選んで。

風通しのよさではコットン素材がNO.1

夏の暑い日に選んでしまいがちなシルク素材やウール素材の洋服は、風通しが悪く着ていると暑さがこもってしまうので、1日中クールに過ごしたいのであればなるべく避けた方が◎。真夏日のオススメは、コットン素材やレーヨン素材の洋服。汗を吸収し、また風通しもよいので着ていても暑さがこもることがありません。