侮辱発言から1カ月、浦和の森脇がACL8強導く決勝弾 「命を削っても戦いたい」と男泣き

写真拡大

120分の死闘に終止符を打つ一撃 「いいボールが来るとトシを信じていた」

 浦和レッズのDF森脇良太は、試合終了まで残り6分に迫った延長後半に決勝ゴールを叩き込んでチームを準々決勝へと導き、男泣きした。

 31日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、済州ユナイテッド(韓国)との第2戦はまさに死闘となった。浦和が前半に2点を奪ってトータルスコアで2-2の同点に追いつくと、その後は一進一退の攻防が続く。そして延長前半10分、体力の限界に達したMF関根貴大が自ら交代を要求し、FWズラタンが投入された。これにより、右ストッパーを務めていた森脇は右のウイングバックに一列ポジションを上げ、逆サイドには途中出場のFW高木俊幸が入っていた。高いキック精度を持つ選手だけに「右サイドに出ていけば、必ず1回はチャンスがある」と、森脇はそのクロスを信じていた。

 そして、歓喜の瞬間が訪れる。延長後半9分、左サイドで高木がタイミングを見計らい、右足から放たれた鋭いクロスは、相手GKとFW興梠慎三の間を抜けてファーサイドへ。そこに待っていた森脇は「トシ(高木)が切り返した瞬間に、『来い』と。あとはオフサイドだけ気をつけようと思って。必ずいいボールが来るとトシを信じていました」と、右足でゴール内に押し込んだ。歓喜を爆発させゴール裏のサポーターのもとへ向かうと、森脇は感極まった。

「みんなになんで泣いてるんだと言われて。まだ試合は終わっていないと分かっているんだけど、なんか出てきたというか」

2試合出場停止、済州との第1戦で失点に絡む

 森脇にとって、5月は激動の1カ月だった。4日の鹿島アントラーズ戦で相手MF小笠原満男ともみ合いになり、「口が臭い」と発言したが、これがブラジル人MFレオ・シルバに向けたものだと鹿島の選手たちに受け止められた。人種差別につながりかねない言動だと鹿島はアピールし、Jリーグから事情聴取を受けた。結果的に、森脇は侮辱的な言動があったとしてリーグ2試合の出場停止処分を受けた。

 それから24日の済州との第1戦まで、公式戦に出場しておらず、その試合では失点に絡むプレーもあった。だからこそ、2戦合計3-2で勝利する決勝ゴールを決めたこの試合後には、思いをあふれさせるように言葉をつないだ。

「本当にいろいろな方に迷惑をかけてしまった。この素晴らしいレッズのサポーター、偉大な浦和レッズというクラブと、大好きな家族とともに力強く生き続けたいという思いがあった。その気持ちだけで、今日も頑張ろうと。いろいろな思いが頭の中を駆け回った。多くの人にサポートされて今に至っていると思うので、たくさんの恩返しをしていかなくてはいけない」

 そして、「信じてくれている人は僕の周りにたくさんいた。とにかくピッチに立てば、浦和レッズのため、サポーターのために全力でやりたい」という思いを乗せたゴールによりヒーローインタビューを受けると、浦和のゴール裏からは森脇のチャントが歌われた。普段なら森脇のヒーローインタビューは“お約束のブーイング”でスタートするのが常だが、この日は違っていた。

「ブーイングでも嬉しいけど、チャントを歌ってくれて。その瞬間はヤバかった。このチームにいられる限り、命を削っても戦いたい」

 キャリアのなかでも様々な思いに襲われた1カ月を終え、5月の最終日となったこの日の決勝ゴールは、森脇にとって再出発の象徴と言えるものになった。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty