上海には世界有数の高さを誇る高層ビルが複数存在する。都市としてみた場合、上海や北京の発展ぶりは東京や大阪と遜色ないと言えよう。だが、中国人から見れば、中国の都市は「まだまだ日本に及ばない」と感じるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 上海には世界有数の高さを誇る高層ビルが複数存在する。都市としてみた場合、上海や北京の発展ぶりは東京や大阪と遜色ないと言えよう。だが、中国人から見れば、中国の都市は「まだまだ日本に及ばない」と感じるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人は「日本の各都市は中国の都市に比べて古臭く感じてしまう」と伝え、東京の繁華街の1つである銀座でさえも「普通の街に見えてしまう」と伝える一方、暮らしやすさや住みやすさという点では「中国の都市を圧倒している」としている。

 記事は、多くの中国人にとって日本は「先進的で非常に賑やかな国」というイメージがあると伝える一方、実際に日本を訪れると都市の規模という点では中国の都市には到底敵わないことを知ると指摘。日本の都市はすでに古臭さすら感じられ、中国の都市のような新しさを感じることはほとんどないと論じた。

 一方で、それでも東京はアジアで「最も進んだ都市」であるとし、それは「その先進性は細部にある」と指摘。東京はどれだけ大きな台風が直撃しても洪水や水没が起きることはないと紹介、それは東京の治水管理がそれだけしっかりなされていることを示し、東京には世界最先端の下水システムがあると紹介した。

 また、東京に限ったことではないが、日本では「どこにでもATMがあって、店では紙幣も硬貨も問題なく使える」とし、中国のように使い勝手の悪い小銭が流通することはないと指摘。バスですら両替機が設置されていて、住む人の立場からすれば「不便に思うことがほとんどないのが日本の都市だ」と論じた。

 さらに記事は、日本の都市が中国に比べて古臭く、そして豪華さに欠けて見えてしまうのは「日本ではもはや富を見せつけるような時代は過ぎたからであり、中国のように古いものをどんどん壊し、新しいものをどんどん作る時代ではないだけ」であると指摘。見た目ばかり現代化していても、住んでいる人の快適性や利便性という点では中国の都市は日本には敵わないとし、その意味で日本の都市は「先進的」であると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)