ドナルド・トランプ氏

写真拡大

北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、米トランプ政権の対北朝鮮政策の4大方針に反論するチョン・スンホ氏なる人物の個人名による論評を配信した。

トランプ政権は、▼北朝鮮を核保有国として認めない▼全ての制裁と圧力を加える▼北朝鮮の政権交代を推進しない▼最終的には対話で問題を解決する──という4大方針を明らかにしている。

論評は、「これは世に発表するには実に恥ずかしい骨董品だと言わざるを得ない」と嘲笑しながら、4大方針に対して反論を展開した。

「北朝鮮を核保有国として認めない」という項目に対して、「今になって『北の核廃棄』ということは夢も見られないほど不可逆的なこととなり、こんにち、われわれの戦略的地位は何をもってしても崩せないほど確固たるものになったということである」と強調した。

「全ての制裁と圧力を加える」という項目に対しては、「日を追って悪らつになる敵対勢力の極悪な反共和国制裁と圧迫騒動は、われわれが前進しており、勝利しているという確信をさらに固めさせるだけである」と述べた。

「北朝鮮の政権交代を推進しない」という項目に対して、「米国の『政権交代排除』ほらを裏返すと白昼強盗さながらの横暴非道な威嚇、恐喝が毒を漂わせている。核を放棄しなければ侵略も辞さず、体制転覆もためらわないということである」と主張した。

「最終的には対話で問題を解決する」という項目に対しては、「米国が対話を圧迫の延長と見なす限り、生命より貴重なわれわれの核を何とも換えられる駆け引き物に錯覚する限り、そのまっ黒な懐から刃物を出さない限り、かりに対話が開かれるとしても人間と野獣との言語疎通が果たして正しく行われるだろうか」と反論した。

そのうえで、「米国と敵対勢力がいくら認めないとあがいても、名実共に核強国であるわが共和国の地位はびくともしないし、侵略者、挑発者がいまだ気を取り戻す間もなく核戦力の多様化、高度化はいっそう推し進められるであろう」と強調した。