「乱闘劇で結果もマナーも失った」 ACL浦和戦、韓国紙も済州の蛮行を批判 

写真拡大

延長後半と試合終了後に起こった行為に、母国の韓国紙も理解を示さず

 浦和レッズとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦で対戦した済州ユナイテッド(韓国)は、延長戦の末に敗退した31日の第2戦終了後にピッチ上で浦和選手やスタッフに暴行を仕掛ける蛮行に出たが、韓国メディアもその行為を批判している。

 全国紙「韓国日報」の系列紙「スポーツ韓国」は、「結果もマナーも全て失った」と報じた。

 済州は第1戦を2-0で勝利していたが、この日の第2戦では前半のうちに浦和に2点を奪われ、トータル2-2の同点になっていた。迎えた後半35分に右サイドから攻め込んだ際、ペナルティーエリア内で選手が倒れたもののPKの笛はならず、直後の同36分にDFチョ・ヨンヒョンが2枚目のイエローカードを受けて退場処分になっていた。

 そうした状況を受け同紙は「済州としては、継続的に審判の判定が自分たちに不利と理解されていた」としたが、延長後半と試合終了後に起こった蛮行には理解を示さなかった。

 延長後半の終了間際には、浦和と済州の選手がもみ合いになった場面で、ベンチメンバーのDFペク・ドンギュがピッチに乱入。80メートルほどを走ってMF阿部勇樹にジャンピングエルボーを見舞って前代未聞の退場劇を演じた。

 さらに試合終了後にはピッチで喜びを表現した浦和の選手たちに食って掛かり、DF槙野智章をターゲットにして数名が追いすがった。槙野を守ろうとした浦和スタッフに飛び膝蹴りを見舞ったDFクォン・ハンジンにはレッドカードが提示されている。

「マナーないのは明白」と退場劇を糾弾

 同紙は、「衝撃的な敗北だ。試合でプレーした2人、プレーしなかった1人までレッドカードを受けた。試合終盤の乱闘劇で結果もマナーも全て失った日本遠征だ。ペク・ドンギュが飛び掛かって日本選手を押し退けたのがマナーのないものであったのは明白だ」と報じ、前代未聞の退場劇を演じたうえに、試合後の蛮行にも加わったペクを強く糾弾している。

 スタジアムでの光景は、済州が2-0リードから逆転を許したこと以上に衝撃的なものだったが、韓国メディアにとっても自国のチームの蛮行は苦々しいものだった模様だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images