Bluetooth通信でスマホと連携してアウトドアの感動を共有!

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都中央区)は、本格スポーツウオッチシリーズ「セイコー プロスペックス」からスマートフォンと連携する新ソーラーウオッチ「ランドトレーサー」を2017年6月9日に発売する。

旅行記の作成も可能

「セイコー プロスペックス」は、ダイビングやトレッキングなどのスポーツやアウトドアシーンに対応する、本格的な機能を装備したスポーツウオッチブランド。

今作は、Bluetooth通信機能でスマートフォンと連携し、アウトドアアクティビティの感動を共有できるコミュニケーションツールをコンセプトに開発。

時計で計測した高度情報とスマートフォンで取得した位置情報を連携することで、自身の活動の軌跡を専用アプリケーションに記録し、3Dまたは2DでGoogleマップ上に重ねて表示できる。この「3Dトレースログ」を活用することで、アウトドアアクティビティの感動や思い出を簡単に振り返り、SNSなどで共有することが可能だという。

また、任意の地点でログポイントを作成し、ポイント間の距離や標高差、移動にかかった時間などの表示もできる。さらに、フィールドログの記録中に撮影した写真は、簡単操作でそのままタイムラインに貼り付けることができ、旅行記の作成(1つのログにつき最大12時間まで)も可能だ。

数量限定モデルを含む3機種をラインアップ。

全国の時計販売店、大手量販店、スポーツショップで取り扱う。

価格は5万円(税別)〜5万2000円(同)。