川崎フロンターレのMF中村憲剛【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

5月の公式戦は全勝。昨季までとはことなる“強さ”

 川崎フロンターレが絶好調だ。勝ち切れなかった4月までの戦いから一転、5月は公式戦で6戦全勝。グループリーグで4戦連続ドローにあえいでいたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でも、気づいてみれば1位突破を果たし、決勝トーナメント1回戦でもムアントン・ユナイテッドFC(タイ)に2戦合計7‐2のスコアで圧勝。8年ぶりのベスト8進出を決め、J1でも好位置につける3つの要因を大黒柱の36歳、MF中村憲剛がムアントンとのセカンドレグ後に残した言葉から紐解いた。(取材・文・藤江直人)

----------

 誰がここまでの変貌ぶりを予想できただろうか。公式戦で2勝4分け1敗となかなか勝ち切れなかった4月から一転して、5月は破竹の6連勝でフィニッシュ。昨シーズンまでとは異なる“強さ”を、川崎フロンターレが身にまといつつある。

 リーグ戦はすべて完封で3勝。そのなかには敵地で王者・鹿島アントラーズに3‐0で快勝した一戦も含まれる。ACLではグループリーグを1位で突破し、決勝トーナメント1回戦ではムアントン・ユナイテッドFC(タイ)に2戦合計7‐2のスコアで圧勝。8年ぶりとなるベスト8進出を果たした。

 ターニングポイントをあげるとすれば、4月21日の清水エスパルス戦になると大黒柱の36歳、MF中村憲剛は振り返る。FW金子翔太にJ1通算20,000ゴールを決められ、後半に入って逆転するも終了間際の最後のプレーで2‐2の同点に追いつかれた、どちらかと言えば後味の悪いドローに終わった一戦だ。

「オニさん(鬼木達監督)から言われているのは『握れ』ということ。だから、どのように握るかですよね。前半は自分たちがボールをもって、相手を走らせることができてきている。その結果として後半はいけるかなというのは、僕だけじゃなくてみんなが感じている。それは相当大きいと思う」

 エスパルス戦を直前に控えたミーティングで、今シーズンから指揮を執る鬼木監督はボールを保持する戦い方への回帰を求めた。約5年間の風間八宏(名古屋グランパス監督)体制のもとで培われた、徹底的にポゼッションにこだわるスタイルには実は新たな“エッセンス”が加えられていた。

 ヘッドコーチから昇格した鬼木監督は前任者が築きあげたスタイルを踏襲したうえで、攻守の切り替えの速さや球際におけるハードワークを徹底することを強く要求した。体制が変わったなかで、選手たちはどうしても新たな指示を実践してしまう。

 そして、エスパルス戦の前が頃合いと判断したのか。時計の針がハードワークに大きく振れかかったことを承知のうえで、指揮官は原点への回帰を訴える。結果として慣れ親しんだポゼッションに球際の強さや泥臭ささが融合された、新たな戦い方がピッチで体現され始めた。

「去年痛いほど学びましたからね。理想と結果は違う」(中村憲剛)

 新生フロンターレを象徴する試合が、5月19日のアントラーズ戦になると中村は言う。

「90分間すべてを握り倒して勝てればいいですけど、この間の鹿島戦のように相手へボールを渡しちゃっても球際のところで勝つとか、最後のところでボールを入れさせなければいいとか。ウチが抑えられる試合もあるかもしれないけど、まずは握ろうとする軸というものをぶれさせないことがすごく大事だと思う」

 ボールを保持し続けたいと望むゆえに、早く奪い返そうとする。必然的に攻守の切り替えも速くなる。思い描く展開にならなくても、原点が定まっているから苛立たないし、浮き足立つこともない。

「去年痛いほど学びましたからね。理想と結果は違う、ということを。オニさんもそこのところのマネジメントがすごく上手いし、スタッフを含めて、いまはみんなが同じ方向を見て戦えている」

 3月から4月にかけては、けが人の連鎖にも悩まされた。最大で12人が戦線離脱を余儀なくされたときもあった。それでも鬼木監督がぶれなかったことで、チーム全体の共通理解度が高まった。

 これまでなら中村、キャプテンのFW小林悠、MF大島僚太ら限られた選手が土台を支えていたところに、新たな選手たちが続々と加わってきた。その象徴がガンバ大阪から加入したMF阿部浩之となる。

 現在リーグ戦で3試合連続ゴールを継続中の阿部は、小林と並んでチームトップタイの4ゴールをマーク。ムアントンとの決勝トーナメント1回戦のファーストレグでも、後半終了間際に相手のセカンドレグへの戦意をも喪失させる3点目を叩き込んだ。

怪我人が続出した4月。その反動で厚くなった選手層

 得点感覚だけでなく、ガンバでも武器としていた球際の強さや献身的なハードワークを新天地でもいかんなく発揮。すでに何年もフロンターレでプレーしているかのように映る阿部に、中村も目を細めながら全幅の信頼を寄せている。

「阿部ちゃん自身も最初はウチのサッカーに対してどう入っていいか、というのがあったと思うし、こっちも阿部ちゃんがどうするかというのが見えなかったところもあったので。いまはお互いがお互いをよく理解しているし、阿部ちゃんはプラスアルファ、いままでウチに足りなかったものをすごく出してくれいる。

 あとは毎試合スタメンが変わりながら、阿部ちゃんも含めて試合に出る選手がすべて得点に絡んでいる。そうすると他の選手も『オレも、オレも』となる。そういう競争意識というか相乗効果というのは、4月までが本当にカツカツ、ギリギリだった分だけ、5月は非常にあったのかなと」

 たとえば順天堂大学から加入して2年目のMF長谷川竜也は、昨シーズンの1ゴールから、今シーズンはリーグ戦で早くも3ゴールをゲット。ムアントンを等々力陸上競技場に迎えた5月30日のセカンドレグでも2点目を決めるなど、ACLでも2ゴールをマークしている。

 そのなかで無得点が続いているのが、大宮アルディージャから加入したFW家長昭博となる。先発フル出場したムアントンとのセカンドレグでは、大勢が決した試合途中にサポーターからゴールを求めるチャントもわきあがった。それでも中村は心配無用を強調する。

「阿部ちゃんとはけがで戦列を離れていた期間が違うし、これからでしょう。アキ(家長)自身も徐々に、徐々にと思っているはずだし、アキのポテンシャルの高さは疑いようがないので。アキがフィットするのを待つ余裕がいまはあるし、周りがアキの特徴を感じて、上手く引き出してあげればいいんじゃないかな」

伸びしろは十分。豊穣の秋を目標にすえ、加速させたい成長スピード

 家長がいまだフィットする途上にあるということは、イコール、フロンターレの伸びしろとなる。ACLの準々決勝が行われるのは8月。時間は十分にあるだけに、さらに成長を遂げたフロンターレを、アジアの頂点をかけたクライマックスの戦いで見られる期待も膨らんでくる。

 2009シーズンのACLでは、準々決勝で名古屋グランパスに屈した。川島永嗣(FCメス)がゴールを守り、鄭大世(エスパルス)が最前線に陣取った当時の選手たちでいまもプレーするのは、自身以外にはDF井川祐輔と登里享平、MF田坂祐介しかいないと中村も苦笑いする。

「ぶっちゃけ、いまは新チームというか、8年前のメンバーもほとんどいないし、すでにもう未知の世界ですよ。何人かの選手にとっては、ACLそのものも未知の世界だった。だからこそ、自分たちのやるべきことを堂々と突き詰めてやるしかないんじゃないかな。

 自信をもって自分たちのサッカーを貫けば、もっと上にいけるんじゃないかという自信が僕らのなかにはある。一方でまだまだ詰めなければいけないところもいっぱいあるし、全員がフィットしているわけでもない。その意味では、伸びしろも十分にあると思う」

 鬼木監督のマネジメントのもとで育まれつつあるニュースタイル。リーグ戦とACLで11人がゴールを決めてきた軌跡に導かれる競争意識。好調を導いている2つの要因に、まだまだ成長への余地があるという手応えも加わった。

 ACLとの兼ね合いで消化試合がひとつ少ないリーグ戦でも、首位の柏レイソルと勝ち点5差の暫定5位につけている。豊穣の秋を目標にすえながら、フロンターレはリーグ戦でさらに勝ち点を上積みさせて、優勝戦線に加わっていくことで成長のスピードを加速させていく。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人