“解散発表”SISTAR、グッバイシングル「LONELY」MV公開…哀切で落ち着いた最後の挨拶

写真拡大 (全2枚)

SISTARが哀切で落ち着いた最後の挨拶を伝えた。

SISTARは31日の午後6時、各種音楽配信サイトを通じてグッバイシングル「LONELY」を公開した。

SISTARが発表する最後の曲で、静かに染み込むメロディと自然に感情を刺激する固いリズムが印象的なアコースティックR&Bジャンルの曲だ。SISTARと「Touch my body」「I LIKE THAT」で呼吸を合わせたプロデュースチームのブラック・アイド・ピルスンが手掛けた。

シンプルだがリズミカルな構成で、別れの感性をさらに強調している。落ち着いて別れを受け入れる瞬間をよくキャッチした曲だ。「LONELY」が続くリフレイン(繰り返し) が、哀切で悲しい感じがする。

ミュージックビデオも4人のメンバーの友情旅行を盛り込んだが、哀切な雰囲気が漂う。悲しい気持ちを表現するよりは、何気なく笑うメンバーたちの笑顔が視線を捉える。

2010年「Push Push」を通じてデビューしたSISTARは「Alone」「Loving U」「TOUCH MY BODY」など多数のヒット曲を誕生させた。またヒョリンとボラが結成したユニットグループSISTAR19としても人気を集めた。夏の雰囲気に相応しい健康的なセクシー美を備えたガールズグループとして人気を博した。

今年6月初めに専属契約が満了となる。