(写真=S-KOREA編集部)

写真拡大

韓国の若い会社員を取材した韓国メディア『国民日報』の記事が話題を集めている。

新入社員や最近仕事を辞めた若手会社員が経験した、不条理すぎる“上司エピソード”が数多く紹介されている記事だ。

同記事には「うちの会社と同じだ…」「これは文化ではなく薄汚いブタどもの習性だ」「後進国はこうして作られる」などなど、3000件を超えるコメントが寄せられた。

あまりにも悲惨な現実がそこにあるからだ。

どのエピソードも韓国の若い会社員の悲惨な現状を理解しやすいだけに、いくつか紹介しよう。

仕事が終わっても帰られない

例えば、入社して1年9カ月で就職が難しい大企業を辞めたAさんの話だ。

Aさんの業務は規則的なもので、日中に一生懸命働けば、残業を必要としなかった。しかし、退社時間である午後6時を過ぎても、所属部署の人たちは帰宅しない。

常務から順次帰宅する“慣例”があったからだ。

当然のように、残業手当も出ない。Aさんはある日、その慣例を破って上司よりも先に帰ってみた。すると翌日、大目玉を食らったという。

それ以降、Aさんは就業時間が過ぎても、ネットサーフィンで無駄な時間を過ごすしかなかったそうだ。取材に「一生懸命に仕事をすることが損に思えて、日中も最善を尽くさなくなった」と答えている。

休日は上司と登山、酔っ払い社長も

こんなエピソードも。

中堅企業に勤めているBさんは、5月の週末の大部分を会社の人と過ごすことになった。

5月13日の土曜日は、「仕事がたまっている」という上司の一言で部署全体が出勤することに。いざ出勤してみると、仕事はほとんどなかったという。

翌週の土曜日には、会社の人たちから突然登山に誘われた。Bさんは夜9時になって、ようやく解放されたとか。「僕に先約があるかどうかなんて聞いてくれない。強制ですよ」とこぼしている。

2年目で会社を辞めようかと悩んでいるCさんは、「私の上司は仕事ができなくてもお世辞が上手い部下を評価する」と話す。嫌いな部下には“懲罰”と呼べるような業務を与え、本人は仕事がなくても休日出勤してテレビを見ながら手当を受け取っているとか。

Cさんは「上司の姿を見るたびに嫌気がさすし、自分もいつかああなってしまうのかと怖い」と吐露した。

さらに呆れてしまうような、ひどい上司もいる。

来る7月に退職予定の中小企業の営業マン、Dさんは、たびたび泥酔の状態で出勤する社長に業務報告をすることが苦痛でしかたがなかったという。社長がシラフに戻ったときに、再報告しなければならない状況が何度も繰り返された。

Dさんはこらえきれず「業務時間に飲酒は自制してほしい」と伝えたが、「子供が何を言うか」と逆に怒鳴られる始末だったそうだ。

「暴言は日常茶飯事で、書類をばら撒くなどドラマでしか見たことがないような経験もした」とDさんは振り返っている。彼が辞めようと決意するのも当然だろう。

新入社員の27.7%が1年以内に退職

彼らのような不条理な経験をしている韓国の若手会社員は、少なくないと言い切れる。

というのも、韓国の大卒新入社員の27.7%が1年以内に会社を辞めてしまうとデータがあるからだ。

青年失業率が11%を超え、ただでさえ就職が難しい韓国では、やっとの思いで就職しても地獄が待ち受けていることが少なくないのだろう。

(関連記事:月給20万円以下が4割強!韓国サラリーマンの「リアル」と涙ぐましい「防衛策」

韓国の若者たちが自国を“ヘル朝鮮”と揶揄してしまうのも、仕方のないことかもしれない。

(文=S-KOREA編集部)