「プロデュース101」カン・ダニエル側、悪質な書き込みの自制呼びかけ“強硬な対応を考慮”

写真拡大

Mnet「プロデュース101」シーズン2に出演中であるMMOエンターテインメントの練習生カン・ダニエルが、悪質な書き込みに関連して公式立場を明らかにした。

所属事務所MMOエンターテインメントは昨日(31日)、公式Facebookを通じて「カン・ダニエル練習生に対する人身攻撃およびセクハラに近い悪意の掲示物が、一部少数の悪意の書き込みをするネットユーザーによって、最近無分別に掲載されているということが確認された」として「今後の成長と発展のために頑張っている練習生に、度の越えた悪質な掲示物とコメントは自制するよう、切にお願いしたい」と明らかにした。

【公式コメント全文】

こんにちは。MMOエンターテインメントです。

「プロデュース101」シーズン2に参加中である、MMOエンターテインメント所属の練習生に送るファンのみなさんの惜しみのない応援と愛に、いつも感謝申し上げます。

ただし残念なことに、当社およびファンのみなさんのモニターによると、カン・ダニエル練習生に対する人身攻撃およびセクハラに近い悪意の掲示物が、一部少数の悪意の書き込みをするネットユーザーによって、最近無分別に掲載されているということが確認されました。

今後の成長と発展のために頑張っている練習生に、度の越えた悪質な掲示物とコメントは自制するよう、切にお願いいたします。

しかしこのような事例が続く場合、当社では合意のない強硬対応が避けられないということを、あらかじめお知らせます。

今後もMMOエンターテインメントに所属する練習生に、多くの愛と応援お願いします。

ありがとうございます。