JVC、スコアボード機能を搭載した4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HM200BB」の受注販売を開始

写真拡大 (全2枚)

株式会社JVCケンウッドは、同社の4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HM200」にスコアボード機能を搭載した「GY-HM200BB」を受注生産モデルとして2017年6月1日より発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別34万円。なお、GY‐HM200は有償アップグレードによりスコアボード機能を搭載可能。有償アップグレードの希望小売価格は税別5万円。

GY-HM200BBは、スポーツ収録や中継時に、カメラマンが撮影しながらゲームスコアの入力が可能。野球のスポーツ収録・中継にチームの攻守やボールカウント、試合経過の得点など、映像にスコアボード表示が可能。スコアボードにはロゴ画像をインポートすることもできる。

また、スコアボードのオーバーレイ機能も搭載しており、スポーツ撮影映像にスコアを重ねて記録可能。スコアはタブレットPCやスマートフォンから、無線LANなどのネットワーク経由で入力可能。スコアボード表示に対応している記録解像度は、1920×1080と1280×720(4K撮影時にはオーバーレイ及びストリーミング不可)。

ライブストリーミングシステムの例。離れた場所から簡単にライブ映像配信が可能

ネットワークアダプター端子(USB-HOST)を装備しており、各種ネットワークアダプターの装着により、離れた場所からライブ映像配信が行える。Ustream、YouTube Liveなどにアップロードし、いつでもどこでも視聴可能。