石原さとみ

写真拡大

嵐の大野智が5月31日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた主演映画『忍びの国』のジャパンプレミアに、共演の石原さとみ、伊勢谷友介、鈴木亮平、立川談春、知念侑李、マキタスポーツ、満島真之介、中村義洋監督とともに出席した。

『忍びの国』ジャパンプレミア、その他の写真

本作は、ベストセラー作家・和田竜が「天正伊賀の乱」をモチーフに執筆した同名小説を『殿、利息でござる!』の中村義洋監督で映画化。「人を人と思わない虎狼の族」と呼ばれた伊賀忍者たちと、無敵を誇った織田軍との戦いを、ポップでありながらも重厚なテーマで描いたアクションエンターテインメントだ。

舞台中央から、ポップアップという飛び出す演出で派手に登場した大野は「ライブでは良くある演出なんですけれどね」と語ると「嵐のときは5人で同時にやるので、まぎれるのですが、今日は1人だったので恥ずかしかった」と苦笑い。しかし、日頃から「大野が憧れの存在」だと公言しているジャニーズ事務所の後輩である知念は「オープニングの大野くん、メチャクチャ格好良かったですね。やっぱり惚れています」と羨望のまなざし。

また、夫婦役を演じた石原は「大野さんって『スゴイ』と言わせてくれないスゴさがある」と独特の表現を用いると「努力していることを見せず、できるのが当たり前だという感じで現場にいるので、安心して見ていられるんです」と絶賛。その後も、大野に対する共演者からの賞賛は続いたが、そんな流れにマキタスポーツが待ったをかける。

「名もない忍者役の人がたくさんいたのですが、大野くんは紛れ込んでいて、みんな気がつかなかったんですよ」と、現場ではオーラを消していたことをマキタスポーツが明かすと、大野も「そうなんですよ。エキストラさんと一緒にいたら『暑いねー』とか言われたのですが、話しかけたのが僕って気づいて『あー』って気まずい雰囲気になっていました」と裏話を披露し、会場を盛り上げていた。

まさに“最強の忍び”になりきり、存在感を消していたという大野だったが、石原に対しては「バラエティーでの共演はありましたが、お芝居では初めてご一緒しました。夫婦だったのですが、僕は家の中に入れてもらえない役。でもさとみちゃんの目力にはやられました」と存在感に脱帽していた。

『忍びの国』は7月1日より全国公開となる。