出典:https://www.shutterstock.com

付き合う相手によっては、「この人とは長く付き合いたい!」と思う相手もいますよね。

それは男も同じで、長く付き合いたいと思う女性もいれば、繋ぎ感覚で付き合う女性もいるのです。

長く付き合いたいと思う相手には結婚も視野に入れていることがあるため、あなたも彼にそう思われたいと思いませんか?

そこで今回は、男が長く付き合いたいと思う女性の内面の特徴をピックアップします。

 

■その心意気が嬉しい!尽くしてくれる女性

女性の中には、尽くしてくれる女性もいれば、尽くされたい女性もいるし、“WIN - WIN”の関係を築こうとする女性もいます。

これらのタイプに優劣はないものの、やはり男心としては、尽くしてくれる女性に本気になりやすいのは、言うまでもありません。

特に、結婚を意識するのですから、上の世代の殺伐とした夫婦関係を見てきた世代からしてみれば、今現在尽くしてくれる女性が、この先も変わらずに尽くしてくれると、幻想を抱きたくもなるのです。

例えば筆者の場合ですと、料理もあり合わせてパパッと作りますし、家事も丁寧。これほどまで主夫に向いている男はいないと自分で思うほど、何でも自分でやってしまいます。

そうなると女性は立ち入る隙がなくなってしまうのですが、それでも手料理を「食べて貰いたい」、「作ってあげたい」と、尽くしてくれる女性もいます。

上手いか上手くないかは別として、やはり、その心意気は嬉しく思うのです。

そういった尽くしてくれる女性とは、長く付き合いたいと素直に思えるものですよ。

 

■ケンカの時こそ素行が見える!ケンカの相性がいい女性

全くケンカをしないカップルでも、加熱した意見交換ぐらいはすると思いますが、ケンカや意見交換の時にこそ、その人の本質と言いますか素行が、垣間見える瞬間だと思います。

ケンカにも相性があり、相性の悪い相手とのケンカは、火に油を注ぐようにヒートアップしていき、また、モヤモヤとしたシコリが残りやすく、雨が降っても水浸しのままになりやすいのです。

ケンカの相性がいい相手とは、どんな形であれ、お互いの関係が少なからずプラスになるケンカとなり、まさしく、雨降って地固まる結果となりやすいのです。

そんな女性とは、“長く付き合いたい”と言うよりも、“長く付き合える”と思えるため、実際に長く付き合うことが多いのです。

ケンカをしないことが理想かもしれませんが、どちらかがガマンしているなら、いつか爆発するかもしれませんし、たった一度のケンカで「こんな人だとは思わなかった……」と思い、嫌になるかもしれません。

ケンカはしない方がいいかもしれませんが、必ずしもケンカが悪い結果を生むとは、限らないのではないでしょうか。

 

■キュンキュンさせてくれる

いつもキュンキュンさせてくれる女性というのは、純粋に“長く付き合いたい”と思える女性。

付き合いが長くなればなるほど、お互いに努力をしなくなるもので、関係が成長したともとれますが、男だって彼女にキュンキュンして、刺激が欲しいと思っているのです。

無理に努力することはありませんが、好きな気持ちが自然と表情や仕草に表れれば、そんな可愛い彼女にキュンキュンしないワケありません。

やはり、いつまでも可愛い女性には、長く付き合いたいと思うのが、男心なのかもしれませんね。

 

最初は長く付き合いたいと思っても、次第に「どうでもいいや〜」と思うことだってあります。勿論、その逆も然り。

恋愛が長続きしないタイプの女性は、一見すると魅力的な女性に見えるのかもしれませんが、どこかしら、男を飽きさせる要素や、男に“繋ぎ”と思わせてしまう性格なのかもしれませんね。

都合が良いから長く付き合いたいと思われるのではなく、真剣に付き合いたいから長く付き合いたいと思われる女性になれれば、婚活に足しげく通わなくても、結婚の兆しが見えてくるのではないでしょうか。

【画像】

※ g-stockstudio / shutterstock

【関連記事】

※女として見てくれている!?「一緒にいて楽」と言ってくる男の本音

※いい加減にしろよッ!男がドン引きしている「やり過ぎた」女磨き

※ソ…ソコ!男がエッチ中に「触ってほしい」と思っているパーツ

※ガマンできない…デート中に男の「やりたいスイッチ」をオンにする方法

※男性がデート中に「この子、俺のコト好きじゃないな…」と感じる瞬間5つ

※ 褒めてその気にさせる!「カラダ目当て」な男が送るお誘いLINE