画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NECプラットフォームズは1日、IEEE802.11acに準拠し、最大867Mbps(規格値)の通信に対応した無線LANルータ「Aterm WG1200HS2」を発表した。セットモデルはなし。6月8日に発売予定で、価格はオープン。店頭予想価格は税別7,500円前後。

送信アンテナ2本、受信アンテナ2本の2ストリームに対応し、最大867Mbps(5GHz帯時、規格値)で通信できる無線LANルータ。5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nを同時に利用できる。

Atermシリーズのミドルレンジ製品「HS」シリーズとして初めて、独自の小型アンテナ「μSRアンテナ」を内蔵するほか、Wi-Fi端末に向けて集中的に電波を送信するビームフォーミング機能、機器ごとの接続周波数帯や電波強度などの状態をPCやスマートフォンで確認できる機能「見えて安心ネット」など、これまで上位モデルに搭載してきた機能を備えている。

なお、ひとつ上のモデルとなる「Aterm WG1200HP2」との機能差は、Wi-Fi端末の電波強度などを検知し適切な周波数帯に自動移動させるバンドステアリング機能に対応していないことなど。

無線LAN簡易接続システムは、QRコードを使う「らくらくQRスタート2」やWPSなどを搭載。ルータ買い替え時などに、SSIDや暗号キーなどWi-Fi設定を新モデルに引き継げる機能「Wi-Fi設定引越し」も備える。また、中継機としても使用可能。

セキュリティ機能は、マルチSSID、ネットワーク分離、MACアドレスフィルタ、WEP(128bit)、WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)など。

有線LANインタフェースは、WAN側が100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LANポート×1基、LAN側が100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LANポート×3基。本体サイズはW33×D97×H146mm(突起部除く)、重量は約0.2kg。各種設定をアプリで行える「Atermスマートリモコン」にも対応する。