もう思い出さない!元カレへの未練を断ち切る習慣づくり・4選

写真拡大



元カレのことが忘れられず、未練がましく、ズルズルと引きずり続けている…。忘れたいのに忘れられない!と失恋の痛みに苦しんでいる人はいませんか?

元カレへの未練を断ち切ることができないのは、もしかしたら元カレと付き合っていた頃の習慣を続けているからかも。ここでは、元カレへの未練を断ち切る習慣づくりについてご紹介しましょう。

■1.スマホを見る回数を減らす

元カレと付き合っていた頃は、彼と連絡を取り合うために高頻度でスマホを確認していたという人も多いでしょう。しかし、彼と別れた今、くるはずのない連絡を待ち続けていても、余計に未練を募らせてしまいます。元カレへの未練をすっぱりと断ち切りたいなら、スマホを見る回数を減らしてみてください。スマホを見なくても不安にならないという習慣が身についた頃には、未練も薄れているはずですよ。

■2.自分磨きに時間をかける

今まで平日の夜や休日など多くの時間を元カレに費やしてきたけれど、別れてからは空いた時間に何をしたらいいかわからない…という女性も少なくないでしょう。こういった人は、空いた時間をぜひ自分磨きに使ってみて。美容院やエステに通って外見から自分を磨いてもいいですし、読書などで内面から自分磨きするのもいいでしょう。自分磨きを習慣にすることで自信が生まれ、新しい出会いにも前向きになれるはずですよ。

■3.趣味に没頭する

時間さえあれば元カレのことを思い出してしまう…という女性は、これを機に趣味に没頭してみましょう。趣味がない人は以前から気になっていたものや習い事を始めてみるのもおすすめです。時間を忘れてしまえるくらいのめり込む趣味ができれば、元カレのことを考える時間が必然的に減っていくでしょう。趣味が習慣になれば、思い出すことのなくなった彼への未練を断ち切ることができるはずですよ。

■4.出会いの場に参加する

元カレと付き合っているときは、出会いの場に参加することがなかったはず。しかし、フリーになった今こそ積極的に出会いの場に参加するようにしましょう。元カレへの未練があると、新しい出会いに対してなかなか積極的になれないかもしれません。しかし、出会いに対して積極的になることで人との関わりが増え、沈んでいた気持ちが少しずつ前向きになっていくはずです。とことん気の合う同性の友人ができるなど、異性に限らず人生を変える素敵な出会いがあるかもしれませんよ。

■おわりに

元カレと付き合っていた頃の習慣をやめ、新しい習慣づくりをしてみましょう。新しい習慣が元カレへの未練を断ち切るための大切な第一歩になるはずですよ。(seico/ライター)

(ハウコレ編集部)