日本代表に選出された原口元気【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は5月31日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 まず、今季1年間ドイツでプレーしたことを振り返り「まあ難しい部分が多かった(苦笑)です。でもコンディションはよかったというか。まあでもいい経験はできました。いろんな意味で」と答え、シーズン最後の方で試合に出場できなかった悔しさも滲ませた。

 続けて「自分自身はサッカーにホントに集中できないといけないなと思ったし…、そうしなければホントにいいプレーはできないなと思ったので、そういう意味ではできてなかったってわけではないですけど。やっぱそこは大事だなと最後の方は感じてましたね」とし「もう余計なことを考えないというか、ホントに自分のサッカーに普段は向き合ってこれたと思ってるので。他のことを考えるんじゃなくて、ホントにどんなことがあったとしても自分のサッカーにちゃんと集中することが大事だなとは思います」と語った。

 そして最後に試合に向けては「イラク戦が終わるまではホントに何も考えずに自分のサッカーと代表にしっかり向き合って、イラクに勝つことだけ、シンプルですね」と、意気込みを語っている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部