ジェフリー・ディーン・モーガン

写真拡大

大ヒットサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』で最恐の悪役ニーガンを熱演しているジェフリー・ディーン・モーガンが、米インディアナ州インディアナポリスで開催されたインディ500に参加した。英Digital Spyが報じた。

"世界3大レース"の一つとして知られるインディ500に登場したジェフリーは、同大会のペースカードライバーを務め、2017シボレー・コルベット・グランドスポーツを運転した。ペースカーとは、ウォームアップ走行の間に先頭を走る役割を担っており、インディ500では著名人がドライバーを担当し毎年話題を呼んでいる。過去にはモーガン・フリーマン(『ミリオンダラー・ベイビー』)や『ER 緊急救命室』のマーク役で知られるアンソニー・エドワーズなどが務めたほか、昨年はF1の元世界チャンピオン、マリオ・アンドレッティが運転する横に人気歌手のレディー・ガガが座り注目を集めた。

名誉ある役割を担ったジェフリーを応援するため、彼の妻で女優のヒラリー・バートン(『One Tree Hill』)も息子と一緒に会場に駆けつけた。ジェフリーのTwitterには会場のトラック上で撮影された親子3人の写真が投稿されている。

ジェフリーは、今秋スタートする『ウォーキング・デッド』のシーズン8にも引き続き登場する。シーズン8はこれまで通り全16話構成だが、最初の8話を放送した後に約3ヶ月間の休止期間が設けられる。(海外ドラマNAVI)