31日、仏RFIによると、訪日している中国外交担当トップの楊潔チ国務委員が日本の政府要人と次々に会談した。

写真拡大

2017年5月31日、仏RFIによると、訪日している中国外交担当トップの楊潔●(ヤン・ジエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員が日本の政府要人と次々に会談した。

【その他の写真】

安倍晋三首相とは31日、北朝鮮問題について協議した。安倍首相は、北朝鮮問題は日中が直面している共通の課題だとし、北朝鮮に影響力を持つ中国に協力を求めた上で、両国関係をさらに発展、改善させたいとした。

楊国務委員は、菅義偉官房長官や萩生田光一官房副長官、岸田文雄外相、自民党の二階俊博幹事長らとも会談した。菅官房長官とは31日、経済や観光での協力を促進させることで一致し、萩生田官房副長官とは日中関係改善を中心に積極的な意見交換を行った。

30日に行われた岸田外相との会談は1時間20分に及んだ。北朝鮮の核・ミサイル問題で国連と緊密に連携すること、日中韓の対話を強化していくことなどで一致したほか、楊国務委員は「中日双方は『歴史をかがみとして未来に向かう』精神に基づき、チャンスを捉え、両国関係の積極的要素の拡大、消極的要素の除去に努力し、4つの基本文書と4つの共通認識を踏まえ、同じ方向に向かい、妨害を排除し、穏やかで長期持続的な両国関係を推進するべきだ」と指摘した。

二階幹事長とは30日に自民党本部で会談。二階幹事長は、拘束されている日本人男性6人の早期釈放を求めた。楊国務委員は法に従って適切に処理するとだけ語った。(翻訳・編集/岡田)