日本代表に選出された酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は5月31日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 まず最初に、酒井宏樹は現在のコンディションについて「まあ疲労は来てますけど、それは全てスタッフがコントロールしてることなので、それを信じて今、やってます」と語り、少し疲労が残っていることを明かした。

 続けて、1年間マルセイユでプレーしたことを振り返り「1シーズン長かったですし、いろんなことが起きたので、それに順応できたシーズンだったかなと思いますけどね。毎日ベストを尽くしてきたので、どこが成長したかっていうよりは、そこを徹底出来たことが自分にとっては良かったかなと思います」とコメントしている。

 試合に向けては「イラク戦が本当に全てだと思うので、そこで勝ち点3を取れるように今からやっていきたいです。今、ハードな練習やってるので、そこ終わって笑顔で帰ってこれるように頑張ってきたいと思います」と、意気込みを語った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部