韓国トップスター、広告主に過度な出演料を要求…傲慢話に驚愕

写真拡大

トップスターBくんが、過度な出演料を要求して広告主に醜態をさらした。

最近韓国で放送された、ケーブルチャンネルEチャンネルのバラエティ番組「勇敢な記者たち3」で「私を狂わせるあなた」をテーマに話し合った。

この日、芸能部記者は「トップスターBくんは、ドラマや映画などで主演を務めるなど人気急上昇の俳優だ。しかし彼は、演技より関心を持っているのが広告だ」と伝えた。

続けて「Bくんは所属事務所と契約すると同時に『広告はいつ撮影できるのか。広告撮影がしたいがために、この会社と契約したのだ」と話したという。困惑したマネージャーが『頑張ってみよう』と返答したという。しかし、Bくんの認知度は高かったが、広告のオファーは来なかった。なぜなら出演料が高すぎたから。しかも自身の価値が落ちるのを嫌がり、出演料を下げずに維持した」と付け加えた。

また記者は「ある日、Bくんが広告関係者たちの前で『出演料はあなたたちに任せる』と謙虚にアピールした。それを聞いたある関係者が、少額の出演料で紙面広告を要請。怒ったBくんは『僕はアピールしたんだから、出演料は会社が調整しろ』と言い放ったそうだ」と暴露し、出演者を驚かせた。

これに対してユン・ジョンスは「それでBくんは広告を撮影したの?」と尋ねると、記者は「一度も広告に出演することはなかった。所属事務所が努力してもできないので諦めたようだ。それからは意地を張らずに、演技に集中している」と明かした。