吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市の中国朝鮮族民俗園の東南にある山の斜面の工事現場で2016年5月、建設作業中に偶然恐竜の化石が大量に見つかった。

写真拡大

吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市の中国朝鮮族民俗園の東南にある山の斜面の工事現場で2016年5月、建設作業中に偶然恐竜の化石が大量に見つかった。新華網が伝えた。

【その他の写真】

中国科学院と延吉古生物化石保護研究センターはこのほど、同市の龍山恐竜化石群で組織化された共同発掘調査をスタートさせた。中国科学院などの専門家らによる現場視察で、発掘された恐竜の化石の地質年代は白亜紀、恐竜の種類は5〜6種類との初歩的な判断がされている。(提供/人民網日本語版・編集/TK)