彼氏のことは大好きだけど、“ダメ出し”されるのが本気でつらくて別れたくなる……そんなお悩みへの対処法を解説します! 我慢の限界を迎える前に、ぜひ試してみてください。

彼氏から弱点を指摘されてつらい……



性格や行動、話し方、ファッションセンス、メイクのスキル、体型など、彼氏のこだわりポイントに引っかかった瞬間に“ダメ出し”が始まっちゃうことってありませんか? 
そういうときに突っ込まれるポイントって、自分でもコンプレックスで言われたくない部分と重なることも多いもの。よりによって好きな人に弱点をえぐられるときのダメージって、とても大きいですよね。彼氏の短所をいつも許して受け入れている人は、「こっちは我慢しているのにどうして!」とむかついちゃうこともあるかもしれません。

さらに、彼氏としては善意のつもり満々でダメ出ししてきていると、反論しづらくて余計につらい思いをすることも。一体どうしたら凹まずに、彼と付き合っていけるのでしょうか?

改善ポイント1. 受け止めすぎず、冷静になろう


「普通は◯◯じゃない?」「おかしいよ、絶対!」「食べ過ぎなきゃすぐヤセるでしょ」などなど、彼氏の言い切りな発言に押されると、納得いかない話でも飲み込んじゃうことってあると思います。ケンカになるのがめんどくさかったり、それ以上きつい言葉を聞きたくないために譲っちゃうこともありますよね。



でも常識って、人によって少しずつ違う部分を持っていますし、物事の正解ってたくさん存在することも……。「普通は」「絶対」なんてワードを使ってくること自体、彼氏が自分の考えに縛られている証拠かもしれません。
そんな風に一瞬立ち止まって考えると、心が傷つけられ放題の状態から抜け出して、いったん冷静になるのを助けてくれますよ!

改善ポイント2. 傷ついてることを穏やかに伝えよう


凹んだ様子を察して次の瞬間から話し方に気をつけてくれる……女友達となら無言でできる意思疎通が、男子とはスムーズにできない場合があります。つまり、「私はこういう部分について、そういう指摘のされ方をすると非常に傷つくんだけど……」と具体的に説明しないと、自分の言葉が彼女をえぐっていること自体に気付かない男子が存在するっていうこと。そのため、まずはつらい状況をわかりやすく彼に説明するようにしましょう!

改善ポイント3. お母さんをヒントに!



彼氏が何を要求しているのかわかりづらかったり、不満は言ってくるけど、具体的にどうすればいいのかなどのリクエストがない場合、問題そのものを改善する方法が見えなくてつらいこともありますよね。

そんなとき、意外とヒントになるのが、彼氏のお母さんと自分のお母さんの考え方や教育方針を比べてみること。どちらかというと甘いorスパルタ、過保護or放任ぎみ、愛情を言葉にどれくらい出すタイプか、身だしなみへの考え方などなど! どんな風に育てられたかに注目することで、彼氏が「普通は……」というざっくりした言葉で具体的には何を言おうとしているのか、想像するキッカケをつかめることがありますよ!

改善ポイント4. 開き直る彼氏には、開き直り返して


たとえ、彼女がつらい思いをしていても「事実なんだから、ダメ出しは悪いことではない!」と確信を曲げない彼氏の場合は、こちらも何でもはっきり言ってみる! という対処法もありです。彼自身が傷ついて初めて、彼女の気持ちがわかるようになるかもしれませんし、逆ギレして自分に甘い姿をさらすかも……。
試しにやってみると、今の彼氏と関係が前に進んだり、見切りをつけて次の恋愛に移れたり、いずれにしても問題がスッキリする可能性がありますよ!



言われっぱなしでつらい気持ちを抱えていると、いずれ限界がきちゃうもの。相手への思いやりは持ちつつ、でも少しずつ勇気を出して、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね!
(由井妙/studio woofoo)