日本代表に選出された原口元気【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は5月31日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 合流したばかりの原口は1人で練習を行なったが、それについて「いやいや、やりにくいですけどね。ずっと監督も見てるでしょ。明日の午前もそうみたいなんで、早くみんなとやりたいです(笑)」とし、「ぼっち練習初めて、僕は。11人スタッフで1人だもんね? うーん、豪華と言うか、なんか申し訳ない感じ。これくらいだったら自分でやれって言われたらできちゃうからね(笑)」と語っている。

 原口は試合に向けて「もうシンプルでワールドカップに行くためにイラクにしっかり勝つことだけ、僕がポイントとしてるところはそこだけ。シンプルです」と語り、勝利だけを目標にしていると明かした。

 3月の日本代表戦ではゴールにつながる結果を残せなかったが「自分のやるべきことをやっていれば、代表っていうのはチャンスが来る場だと思ってるので、もちろん自分でもチャンスは作ります。でもどちらかというと代表はFWで出ているので、必ずチャンスは来ると思ってますし、自分の仕事をやめないことが一番大事なので、ヘンに迷うんじゃなくて、今までやってきたことをどれだけ継続できるか。そこをしっかりやりたいなと思いますね」と、意気込みを語っている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部