ニコンは31日、焦点距離10-20mmのニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応超広角ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を6月30日に発売すると発表した。

 焦点距離10-20mmはFXフォーマットの35mm判換算で15-30mmレンズの画角に相当する。非球面レンズ3枚を採用した最新の光学設計により、小型・軽量でありながら高い描写性能を実現した。手ブレの影響を軽減する補正機構や、静かなAF駆動、マニュアルフォーカス時のスムーズな操作感、優れたクローズアップ性能などがDXフォーマットモデルならではの機動的な撮影をサポートする。

 主な仕様は、最大絞りが焦点距離10mm時 f/4.5、焦点距離20mm時 f/5.6、レンズ構成が11群14枚(非球面レンズ3枚)、画角が109度-70度、サイズが約77.0mm(最大径)×73.0mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)、重さが約230g。

 税別価格は4万1,500円。