中国の外交トップ・楊国務委員の訪日に関して、参考消息網は海外メディアの反応をまとめ31日付で伝えた。資料写真。

写真拡大

中国の外交トップ・楊潔●(ヤン・ジエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員の訪日に関して、参考消息網は海外メディアの反応をまとめ31日付で伝えた。

楊国務委員は29〜31日の日程で訪日し、29日には谷内正太郎国家安全保障局長と、30日は岸田文雄外相、31日は菅義偉官房長官と会談を行った。

楊国務委員の訪日に関してインドの有力紙THE HINDUは、「中国では、トランプ米大統領が環太平洋連携協定(TPP)から脱退しオバマ前大統領が進めていたアジア回帰戦略を調整したことで日米の関係に変化が生じ、日本の対中政策にも変化が見られたとの見方が存在する。先日中国で行われた一帯一路サミットでは自民党の二階俊博幹事長が安倍晋三首相の書簡を手渡し、北朝鮮問題での協力やアジアインフラ投資銀行(AIIB)への加入の可能性など前向きな姿勢を示している。楊国務委員の訪日は日中関係改善のきっかけとなる可能性が高い」と分析した。

このほか、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、「自国を第一に考えたトランプ大統領の政策により、日本はアジアに目を向け始め、とりわけ中国に注目している。これは賢明な判断で、中国との関係を強化することで日本はアジアにおける政策や投資分野での影響力、投資のチャンス、世界規模での日本の重要性を高めるといったメリットがある」と指摘している。(翻訳・編集/内山)