Microsoftが常時通信できるPCの普及を本格化!

Microsoftは31日(現地時間)、台湾・台北で開催されているパソコン(PC)などのデジタル製品に関連する展示会「Computex Taipei 2017」にてプレスカンファレンスを開催し、PCにLTEモジュールとeSMを内蔵させていつでも通信できるコンセプト「Always-Connected PC」の普及をめざすことを明らかにしています。

そのためにIntelやQualcommといったチップセットベンダーと提携するほか、HPやASUSTeK Computer、Lenovo、Huawei Technologies、VAIO、Xiaomiといったメーカー、AT&TやT-mobile、KDDIなどの通信会社と協力していくということです。

MicrosoftではこれまでにもIntelと協力して無線LAN(Wi-Fi)の普及に力を入れたりしていましたが、いよいよ4Gによる常時接続の本格的な普及に向けてAlways-Connected PCコンセプトを掲げました。

AppleのiPadシリーズ(Apple SIM)やNTTドコモのdtab Compact d-01Jも採用する、ネットワーク経由で契約者情報を書き込めるeSIMを利用し、パートナーとなる通信会社とオンラインで契約申込ができ、すぐに使えるようになる見通し。

恐らくiPadなどで使えるApple SIMに近い仕組みになると見られます。Apple SIMについてもKDDI(au)がいち早く対応していましたが、Always-Connected PCについてもKDDIがパートナーに入っているため、まずは日本で使う場合にはau回線となりそうです。

またAlways-Connected PCに対応する製品についてもVAIOを含めた各メーカーから投入されると見られ、これらのパートナーとして挙げられたメーカーのうちのHPやLenovo、ASUSTek Computerについてはすでに発表されている「Snapdragon 835」を採用したLTEモジュール搭載Windows 10 PCを発売するということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Microsoft shows partner innovation with Always-Connected PCs, MR and IoT at Computex 2017 - Windows Experience BlogWindows Experience Blog