米カリフォルニア州で開かれた映画賞の授賞式で舞台に立つキャシー・グリフィン氏(2016年2月7日撮影、資料写真)。AFP/ROBYN BECK

写真拡大

【AFP=時事】米国の女性コメディアン、キャシー・グリフィン(Kathy Griffin)氏(56)が、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の切断された頭部を模した小道具を掲げる写真を撮影し、各方面から非難を浴びている。米CNNテレビは31日、グリフィン氏を同局恒例の大みそか番組から降板させると発表した。

 トランプ大統領は、おぞましい写真を撮影したグリフィン氏を激しく非難。ツイッター(Twitter)に「恥を知るべき。子供たち、特に11歳の息子のバロン(Barron Trump)には耐えがたいことだ。胸が悪い!」と書き込んだ。

 グリフィン氏は過去10年間にわたり、CNN恒例の大みそか番組で司会者の一人を務めていた。同氏は30日に謝罪し、著名写真家のタイラー・シールズ(Tyler Shields)氏にインターネット上の写真を削除するよう依頼したと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News