日本代表に選出された浅野拓磨【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は5月31日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 浅野は試合に向けて「僕にとっては今、イラク戦に出られるか分からないので、そこでアピールできるかがイラク戦への準備になると思う。アピールの場があるんで、いい準備をしたいと思います」と、意気込みを語っている。

 一方で、1年間ドイツのシュトゥットガルトでプレーしてみて「(ドイツのピッチは)日本とだいぶ違います。パス1つ、コントロール1つとっても難しさが違う。1つ1つのプレーに対して神経を使う。そこでやれたのは大きいと思います。ただ、1年経って慣れたかと言われると、ちょっと分からないところがありますね」と、様々な経験を得たことを明かした。リーグ戦では26試合に出場し4得点4アシストを記録し、チームの1部復帰に貢献している。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部