モスクワで開かれた「金属加工展」に出展した日本のマザック。同社は2000年代から真剣に市場参入、単なる販売にとどまらず、修理までをロシア人により完璧に行えるフルサービスブランチの設立に成功した工作機械業界では稀有な成功例である。


 5月15日から19日まで、モスクワのエキスポセンター見本市会場のすべての建物を使って、恒例の「金属加工展」が開かれた。

 この展示会は別名「工作機械展」とも言われ、1970年代から東欧、ソ連を中心とする社会主義圏の生産する工作機械と日本を含む西側各国の工作機械が一堂に会することで、関係者の間では大変有名な展示会である。

 工作機械は、英語で「マザーマシン」と呼ばれるように、機械を製造するための機械であり、最終製品の精度はその製品を生み出した機械の精度に拘束される。

 そのため、ソ連製武器の精度は、ソ連製工作機械である程度の予想は可能なため、冷戦時代には、軍事技術の観点からソ連の工作機械を専門にウオッチする研究者もいた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ソ連の崩壊で一時的に産業衰退

 その後、ソ連製工作機械では達成し得ない高精度加工の部品が出現し、そこから高度な西側製工作機械の社会主義圏への移転の事実が明らかとなり、このような取引を規制すべくココム規制が誕生することになる。

 1990年代に入り、ソ連の崩壊、ロシア連邦の時代となるが、経済の混乱に伴い、軍需産業はその陰も見えないほど衰退してしまった。

 混乱は経済だけではなく、政治的にも進むべき方向が見えない数年が続き、ボリス・エリツイン初代大統領は突然の引退、この頃がロシア史上最悪の日々だったと思う。

 それでも毎年開催されていた金属加工展には、工作機械の代わりに工場の持つ中古自動車(クラシックカー)が出品され、高額な値段表がずらりと貼られていたのもこの時代だった。 

 その後、2000年に新大統領として登場したのがウラジーミル・プーチン氏である。この頃から奇跡的なことに原油価格、またそれにつれてガス価格が上がり始める。

 この時代、非資源産品の輸出比率は低下する一方で、ロシアは資源、特にエネルギー資源の輸出で稼ぐ国、というイメージを確立する。

 パイプをつないだり、曲げたりする機械もある意味工作機械であり、伝統的にこれらのエネルギー産業に強い欧州メーカー、米国メーカーが「金属加工展」に登場、この展示会はようやく上昇気流に乗る。

 さらにプーチン大統領は、全土に敷かれたパイプラインを他国や自国内のテロリスト集団から守るべく、軍隊の増強とともに軍備の近代化、兵役制度の再検討などを行った。そして、軍需への投資額の増大に比例するように、工作機械の生産は右肩上がりに昇り始める。

 その後は、ウクライナ、シリアなどでの地域的紛争の勃発。巡航ミサイルをはじめとする各種新兵器がテストされ、実戦配備される中で、工作機械の需要はうなぎ登りとなる。

 一方、欧米諸国からロシアへの輸出規制が厳格化され、欧米製工作機械の輸出はほとんど止まってしまう。頼れるのはロシア産工作機械だけ、という時代が遂に現実化する。

ロシア中小メーカーがひしめく展示会場

 本年の「モスクワ金属加工展2017」、筆者は2日目に会場を訪れた。まずは日本メーカーが並ぶフォーラム館へ。

 ロシアの工作機械産業のポテンシャルを信じ常にロシア市場を見続けた日本企業、マザック、牧野フライス製作所を筆頭に、華々しい外国企業の展示を見た。しかし、何かがおかしい。

 それは、従来、ほとんどが外国企業の大型出品で埋まっていたこの展示館が、逆に数多くの中小ロシア企業の展示場になっている違和感だ。

 ちなみに、カタログ上で企業を確認すると、フォーラム館全130ブース中、ロシア企業が約半分の76社を数え、そのほとんどが中小製造業者であった。その小さなブースに人があふれているところがある。

 兵器を扱っているブースだ。「今、ロシアで一番お金になる製造業は何ですか」とブースの人に尋ねると、「それは武器だ」と言う。ロシアの工作機械はそんな環境の中にある。

 その後、2号館へ。この館には伝統的にロシアの大型機械商社が集められている。フォーラム館から繋がる地下通路で2号館に入った途端、見学者の多さにまず驚く。

牧野フライス製作所は、1960年代から対ソ輸出を開始した日本の工作機械業界におけるパイオニアである。ウラル地方の部品工場で、1970年に納められた同社製工具グラインダーがまだ使われているのを見て、日本製の機械の耐久力には頭の下がる思いを持った。


 おもむろに展示ブースに目をやると、馴染みの機械商社に混ざって、これまで名前さえ聞いたことのないロシア製工作機械メーカーの機械が並んでいるのに気づいた。これが今回ご紹介したいと思うSTANという工作機械業界の新興勢力である。

 このSTANという企業、これはロシアの単一タイプの工作機械を製造していた次の7つの企業がそれぞれの企業の中に設営した企業内企業、という全く新しいスタイルの企業合同なのだ。

(1)Sterlitamak
(2)Kolomna
(3)Ryazan
(4)Ivanovo
(5)Moscow Grinding Machine
(6)Savelovski
(7)DonPress

専門7社が大同団結

 上記7社それぞれのトップがSTANの兼任役員となって、モスクワに住所を置いた企業合同の経営を行っていく。

 7社は、ソ連時代から工作機械の老舗メーカーとして高品質の機械を製作していた企業ではあるが、すべて単一タイプのメーカーゆえ、各種タイプの工作機械が対象となる大型顧客の入札には対応し切れない。

 このような大連合を組むことにより、今やSTANはマシニングセンター(Ivanovo製作)から、研削盤(MGM製作)、旋盤(Kolomna製作)からメカニカルプレス(DonPress製作)までを抱える、総合工作機械メーカーとなり、1社として応札資格を得るという。

 ここに1つの疑問がある。老舗メーカー7社はなぜここまで苦労をして、こんな総合機械企業を誕生させる必要があったのだろう。知り合いの大手機械輸入商社のロシア人社長が私にその理由を説明してくれた。

STAN製造による平面研削盤。実際にはモスクワ研削盤工場が開発、製造にあたっていると思われるが、CNCもロシア製が使われ、これまでのようにシーメンス付でないことが目新しい。工作機械の種類別需要としては、平面研削盤は小さく、高性能のものはほぼ100%輸入されていた。そのような種類の機械まで国産化されてきている現実は、我々の想像を超えるものがある。


(1)対露経済制裁のため、西欧諸国の工作機械が入らないのはともかく、台湾まで対露輸出に慎重になってしまい、今、大量に必要とされる工作機械がロシアに入ってこなくなった。こうなると、高性能の工作機械を本格的に自国で量産していく以外ない。STANには大変なビジネスチャンスの到来である。

(2)工作機械需要の85%は、軍需関連だ。軍は発注に際して、その企業が国産機械を使用していることを条件にしている。このため、ロシア産業貿易省の<ロシア製>証明書が軍への必要書類とされる。この証明証付機械がすごい勢いで売れているというのが現状だ。

 この社長は、台湾製マシニングセンターで会社を築いたというほどの台湾通であるが、今回のように台湾側が輸出に制限をかけてくると、ほかに販売するものもなく、その逸失利益は相当なものだという。

 ただ、ロシア製工作機械にも必要とされる輸入工具類(ツール)は経済制裁外ということで最近は工具商売に力を入れている、ということだった。

生産設備を次々自国製に切り替え中

 このところ、国際政治での駆け引きをみても、ロシア(=プーチン)は非常に現実的に振る舞い、逆に米国(=トランプ)の方が危なさを感じさせる言動が多い。

 ビジネスにおいても、今やロシアは工作機械の伝統を再び復活させ、国内の生産設備を最新型の自国製設備に急速に置き換えている。

 本文の文頭でも触れたように、マザーマシンの精度が上がることは、最終製品の精度が上がることを意味する。このままの調子で、ロシアの機械が進化すると、西欧諸国がロシアに科している輸出規制は意味が薄まっていくことは間違いない。

 日本として大事なことは、北朝鮮やイランといった親ロシア国に高度なロシア製工作機械が移転することを何とかして止めなければならないということだろう。

 そのためには、ロシアをG7に引き戻し、ロシアを含むG8として世界を仕切ることの重要性を米国に代わり、日本が世界に主張することが必要だろう。

 このように自立した国際政治上の立ち位置を確保することで、日本は初めて堂々とロシアに高度な工作機械を販売することができる。今ほど、国際政治がビジネスを動かす時代はないと、モスクワの展示場を歩きながら強く感じた。

筆者:菅原 信夫