近藤 宣之(Nobuyuki Kondo)  株式会社日本レーザー代表取締役社長。1994年、主力銀行から見放された子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。  【日本レーザーHP】 www.japanlaser.co.jp/  【夢と志の経営】 info.japanlaser.co.jp/

写真拡大

◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……こんな会社が東京・西早稲田にあるのをご存じだろうか?
現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演する日本レーザー社長、近藤宣之氏の書籍『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』が話題。発売早々第7刷となった。
なんと、政府がこれから目指す施策を20年以上前から実践している小さな会社があった! 「7度の崖っぷち」からの大復活! 一体、どんな会社なのか?

あなたは、社長批判を
受け止める度量があるか?

 かつて日本レーザーに、峯(みね)宏行という常務取締役がいました。
 残念なことに、2015年に57歳で喉頭ガンで亡くなったのですが、彼が「私の次の次の社長候補」と目されていた理由のひとつは、社長に対する直言、諫言、進言をためらわない強い思いを持っていたからです。

 主任時代(30代)の峯は、20年以上前の全社会議の場で私にこう言いました。

「社長は、去る者は追わないとおっしゃいますが、長年働いた社員が辞表を出すということは、よほどのことだと思います。それなのに社長は、説得もせずに辞表を受け取って、辞めた人の代わりに新しい採用をする。要するに、『人が辞めても、新しい人を採ればそれでいい』と考えて経営しているのではありませんか?」

 役員の中には、「峯は会社を辞めるつもりだ。だから最後に社長批判をしたんだ」と考える者もいましたが、私は「峯は辞めない」と思っていました。
そして、会議のあとで彼にこう声をかけました。

「峯くん、ありがとう。峯くんがストレートな質問(社長批判)をしてくれたからこそ、私も全社員の前で、ストレートに自分の考えを伝えることができた。私の説明があなたにとって納得のいくものだったかはわからないけれど、少なくとも僕は言い訳をしたり、批判をかわしたりしないで、誠意を持って説明をしたつもりだ。おそらく、あなた以外にも、『新しい人を採ればそれでいいのか』と疑問を持っていた社員はいたと思う。そういう人たちに説明する場を与えてくれたのは、峯くん、あなただ。だから感謝しています」

 私は、面と向かって批判をされても、「恥をかかされた」とは思いませんでした。
 だから、腹が立つことも、感情的になることもありませんでした。

 もし私が彼の意見を突っぱねていたら、多くの社員が会社を離れ、日本レーザーは立ち行かなくなっていたでしょう。

 一方、退職覚悟で社長に諫言した峯は、それからは「社長のために頑張る」と言って、猛烈な営業成績を上げ続け、主任→係長→副課長→課長→次長→部長→取締役→常務と亡くなるまでの20年間、まさにフル回転でした。

 社長のひと言が社員も会社も変えるのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)