[5.31 ルヴァン杯GL第7節 磐田1-2大宮 ヤマハ]

 ルヴァン杯は31日、グループリーグ最終節を行った。A組のジュビロ磐田と大宮アルディージャの一戦は、2-1で大宮が勝利。他会場の結果から3位だった磐田が順位を一つ落とし、グループリーグ敗退が決まった。

 大宮は、28日に成績不振により渋谷洋樹前監督を解任し、伊藤彰コーチが監督に昇格。新体制初陣を飾りたいところだが、前半9分にアクシデントが襲う。自陣からのロングフィードに反応したFW大前元紀が胸トラップからDF小川大貴と体を入れ替えて抜け出し、右足を振り抜く。しかし飛び出したGK志村滉の顔面を捉えてしまい、大前にレッドカードが提示された。

 勝てばグループリーグ突破となる3位磐田。数的優位に立ったが、大宮の守備を崩すことができず、前半20分にMF上田康太が意表を突いた強烈なミドルシュートを放つもGK松井謙弥がセーブ。前半は決定的な場面を作ることができなかった。

 すると10人となった大宮がワンチャンスをモノにする。前半39分、右サイドでMF長谷川アーリアジャスールとのパス交換からDF奥井諒がクロスを上げると、キャプテンマークを巻いたFW江坂任がヘディングシュートを叩き込み、先制点。この日25歳となったエースが貴重なゴールを挙げ、新監督と抱き合って喜びを分かち合った。

 直後に磐田はDF中村太亮に代えてFW上原力也を入れ、早々に手を打つ。しかし後半に入ってからもなかなかチャンスを作れない状況が続き、16分にMFアダイウトンをピッチに送り出す。すると20分に左サイドからDF宮崎智彦が上げたクロスをアダイウトンがヘディングシュート。これはDF高山和真にクリアされたが、徐々に大宮ゴールを脅かす機会を増やしていくと、32分に同点に追いつく。

 磐田は右サイドでスローインを受けた上原のクロスからDF高橋祥平がヘディングシュートを決め、1-1。磐田が高橋の古巣へのきつい一撃で試合を振り出しに戻した。

 しかし監督交代の大宮も意地をみせる。後半アディショナルタイム1分、左サイドを駆け上がったFW清水慎太郎の折り返しをMF岩上祐三が右足で押し込み、勝負あり。大宮が2-1で新監督の初陣を白星で飾った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●ルヴァン杯2017特設ページ