森脇が延長後半に劇的決勝弾! 浦和が済州との120分の死闘制し、2戦合計3-2でACL8強進出

写真拡大

第1戦0-2からの大逆転! 2007年以来のアジア制覇へ前進

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)8強を懸けた浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の一戦は、“伏兵”の劇的な一撃で死闘に終止符が打たれた。

 31日に行われた本拠地での第2戦は、浦和がFW興梠慎三とFW李忠成のゴールで2-0とリードして90分間を終了。2戦合計2-2で突入した延長後半9分に、DF森脇良太が決勝ゴールを決め、2戦合計3-2で勝利した。

 24日に敵地で迎えた第1戦で0-2の完敗を喫した浦和は、このゲームで少なくとも2-0の勝利が必要な状況でキックオフを迎えた。浦和はここまで大会5試合出場5ゴールのFWラファエル・シルバが負傷欠場し、日本代表に初選出されたばかりのMF宇賀神友弥もコンディション不良で欠場、両ワイドにMF駒井善成とMF関根貴大のアタッカーを置く攻撃的な布陣でスタートした。

 序盤から攻勢を仕掛けた浦和がスコアを動かしたのは前半18分、FW武藤雄樹が左サイドでファウルを受けると、キッカーはMF柏木陽介が務める。中央に入れたボールを興梠が打点の高いヘディングで合わせると、ボールはファーサイドのポストに当たってゴール内に転がり込んだ。

 その後も攻撃的にゲームを進める浦和は、同29分にはFW李忠成のクロスをファーサイドで関根が合わせたがわずかに枠外。同31分にはゴール正面から李がコントロールしたミドルシュートを放ったがポストを直撃と、鋭い攻撃でゴールに迫った。

 すると同33分、ゴール正面から興梠が少し浮かせたスルーパスを左前方に送ると、走り込んだ李が左足でゴールに流し込み、2-0とトータルスコアを2-2の同点に持ち込み前半を終えた。

高木のクロスから“伏兵”森脇が決勝ゴール

 後半に入っても浦和は駒井の右サイドからのカットインや、李と興梠のコンビでチャンスを作ったが、ゴールは生まれずに試合は進んでいく。次第に済州にペースを握られる時間帯も生まれたが、浦和守備陣の集中力は高く、アウェーゴールを許すことなく終盤戦へ。浦和はMF青木拓矢を入れて柏木を一列上げ、FW高木俊幸が足をつった駒井に代わって投入され、決勝ゴールを奪いにいった。

 同36分、済州はDFチョ・ヨンヒョンが2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。浦和は数的優位に立った。しかし、両チームに90分で決着をつけるゴールは生まれずにタイムアップの笛が鳴り響く。2戦ともホームチームが2-0で勝利したゲームは決着がつかず、延長戦に突入した。

 延長に入ると、10人の済州はゴール前にブロックを作ってPK戦も辞さない構えを見せた。浦和は関根に代えてFWズラタンを投入してゴール前への圧力を強めるが、なかなかゴール前に入り込めないジリジリとした展開になった。

 PK戦突入の空気も漂い始めた延長後半9分、左サイドで高木がボールを持つとシュート気味のクロスを供給。ファーサイドに待ち受けていたのは、ズラタンの投入で右サイドにポジションを上げていたDF森脇良太。インサイドで丁寧に押し込んでついに済州ゴールをこじ開けた。この一撃が決勝ゴールになり、浦和は第1戦の劣勢から逆転でのベスト8進出。昨季は涙を呑んだ16強の舞台を突破し、2007年以来のアジア制覇へまた一歩前進した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images