▽31日に札幌厚別公園競技場で行われたJリーグYBCルヴァンカップ2017グループAの最終節、北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルは、ホームの札幌が2-1で勝利した。

▽他会場の結果次第ながら勝利すれば3位でのグループステージ突破の可能生がある札幌と、リーグ戦の好調ぶりと裏腹にグループステージ突破の芽が潰えている6位の柏が激突した。札幌は小野が先発。対する柏は、負傷明けの大津が先発復帰した。

▽試合は、序盤から決定機を作り出す札幌が38分に先制。宮澤のパスを中央で受けた福森が左足のミドルシュートを放つ。正確にコントロールされたシュートがゴール左隅に突き刺さり、札幌がリードする。

▽その札幌は1点リードで試合を折り返すと、57分に小野のヒールパスから追加点。ボックス左の早坂が中央に折り返し、ニアサイドにいた都倉の間を通過したボールをフリーでゴール前に走り込んだマセードが押し込んだ。

▽突き放された柏は、65分に大津を下げてクリスティアーノを投入。攻勢を強める。すると、73分には栗澤のパスをクリスティアーノがワンタッチで後方に叩き、その流れから宮本が左足を振り抜く。これが決まり、柏が1点差に詰め寄った。

▽その柏は89分に同点機を迎えるが、ハモン・ロペスがボックス右から放ったシュートはクロスバーを直撃。結局、柏の反撃を1点に食い止めた札幌が、この最終節を落としたジュビロ磐田に抜いて3位に滑り込み、プレーオフ進出を果たした。