U-20の次はU-17!日本代表メンバー、C大阪ユース選手の「含有率」がスゴいぞ

写真拡大

ベネズエラに敗れ、U-20ワールドカップでの冒険が終わった日本代表。

アジア王者として臨んだ10年ぶりの大会は、ベスト16という成績での敗退となった。

このチームは2020年に行われる東京五輪をターゲットエイジとする世代であり、注目度も高かった。

大会の開幕から一週間ちょっとで敗退が決定したことは寂しいが、今年は日本にとってもう一つ大きな世界大会が残されている。それが、U-17ワールドカップである。

2年に一度開催されている同大会は、文字通りU-17世代の世界一を決めるコンペティション。今年は10月にインドで行われ、昨年のAFC U-16選手権でベスト4に入った日本も出場を決めている。

U-20ワールドカップに出場した日本代表は、ガンバ大阪に所属する選手がチームの柱だった。

堂安律や初瀬亮、市丸瑞希らはジュニアユース時代の2012年にU-15世代における「全国三冠」を成し遂げた世代であり、今大会では追加招集となった高木彰人と合わせて4人が登録メンバーに。ベネズエラ戦では息の合ったコンビネーションを披露した。

その一方、U-17日本代表の中心選手となっているのはG大阪のライバルであるセレッソ大阪の選手たちだ。AFC U-16選手権の登録メンバーを見てみよう。

※所属チームは当時のもの

GK:

1. 谷 晃生 / Kosei Tani
(ガンバ大阪ユース)

12. 青木 心 / Kokoro Aoki
(JFAアカデミー福島U18)

23. 大内 一生 / Issei Ouchi
(横浜FCユース)

DF:

2. 桂 陸人 / Rikuto Katsura
(サンフレッチェ広島ユース)

3. 小林 友希 / Yuki Kobayashi
(ヴィッセル神戸U-18)

5. 瀬古 歩夢 / Ayumu Seko
(セレッソ大阪U-18)

7. 菅原 由勢 / Yukinari Sugawara
(名古屋グランパスU18)

16. 監物 拓歩 / Takumu Kenmotsu
(清水エスパルスユース)

19. 菊地 健太 / Kenta Kikuchi
(JFAアカデミー福島U18)

20 関川 郁万 / Ikuma Sekigawa
(流通経済大付属柏高校)

20. 西尾 隆矢 / Ryuya Nishio
(セレッソ大阪U-15)

20. 松本 凪生 / Nagi Matsumoto
(セレッソ大阪U-15)

21. 作田 龍太郎 / Ryutaro Sakuta
(ヴィッセル神戸U-18)

MF:

4. 平川 怜 / Rei Hirakawa
(FC東京U-18)

6. 喜田 陽 / Hinata Kida
(セレッソ大阪U-18)

8. 鈴木 冬一 / Toichi Suzuki
(セレッソ大阪U-18)

10. 福岡 慎平 / Shinpei Fukuoka
(京都サンガU-18)

15. 上月 壮一郎 / Soichiro Kozuki
(京都サンガU-18)

17. 瀬畠 義成 / Gijo Sehata
(JFAアカデミー福島U18)

22. 谷本 駿介 / Shunsuke Tanimoto
(セレッソ大阪U-18)

FW:

9. 久保 建英 / Tekefusa Kubo
(FC東京U-18)

11. 宮代 大聖 / Taisei Miyashiro
(川崎フロンターレU-18)

13. 中村 敬斗 / Keito Nakamura
(三菱養和SCユース)

14. 棚橋 尭士 / Akito Tanahashi
(横浜F・マリノスユース)

18. 山田 寛人 / Hiroto Yamada
(セレッソ大阪U-18)

登録23人のうち、C大阪ユース在籍者はなんと6人!途中離脱となったMF西尾隆矢を含めると、なんと7人がC大阪の選手たちであったのだ。

これら7人の選手たちは、2015年に行われた高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権の優勝メンバーが中心。

FW山田寛人は史上初めてJでプレーした2000年生まれの選手であり、代表チームの主力であるDF瀬古歩夢とMF喜田陽は先日のJリーグYBCルヴァンカップでトップチームのベンチ入りを果たした。

もちろん、U-17ワールドカップに向けては若干のメンバー変更があるはずだが、それでもC大阪ユースから複数の選手が選ばれるのは間違いない。U-20代表がG大阪中心だったのに対し、U-17代表がC大阪中心というのは興味深い傾向である。