鳥栖がイバルボ加入後初ゴールなどで甲府に競り勝つ《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループB最終節のヴァンフォーレ甲府vsサガン鳥栖が31日に行われ、2-3で鳥栖が勝利した。

▽ここまで1勝2分け2敗で5位の甲府、2分け3敗で6位の鳥栖と、すでにグループステージ敗退が決まっている同士が対戦した。甲府は、直近のFC東京戦(1-1)から全選手を入れ替え、河本やボサニッチを先発起用。対する鳥栖は、直近のコンサドーレ札幌戦(1-0で鳥栖が勝利)からGK権田とキム・ミンヒョク以外の9選手を変更し、イバルボや水野がスタメン入りした。

▽試合は14分、鳥栖がゴールに近づく。ゴール正面で得たFKで水野が直接狙う。このシュートが壁にディフレクトしてコースが変わると、右ポストに直撃した。

▽冷や汗をかいた甲府だが、直後には反撃して先行する。自陣から新井がディフェンスライン裏を狙ってスルーパス。これでゴール前に抜け出した河本がGKとの一対一を制し、試合の均衡を破る。

▽しかし、鳥栖もすぐさまやり返す。24分、小川のボール奪取からボールを持ったイバルドがボックス内に進入。そのまま左足のシュートでネットを揺らし、イバルボの加入後初ゴールで鳥栖が試合を振り出しに戻す。

▽1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのは甲府だった。52分、フィードからボックス内の石原が潰れると、ルーズボールを拾った河本がシュート。河本のこの日2点目となるゴールが決まり、甲府が再びリードを手にする。

▽再びビハインドを背負った鳥栖は、66分に決定機を迎える。敵陣右サイド深くからイバルボがロングスローを入れると、正面でボールを拾った石川がシュート。しかし、これは右ポストに弾かれた。

▽それでも、鳥栖は75分に追いつく。水野のインフロントに巻いた右CKがゴール方向に飛ぶ。これを甲府GK岡西が弾ききれずゴールイン。このゴールで勢いに乗った鳥栖はさらに78分、ボックス内で池田が落としたボールを叩いた富山が決めて、3-2と逆転する。

▽結局、このゴールが決勝点となり、鳥栖が勝利。札幌戦に続く公式戦2連勝を決めた。