横浜FMとの直接対決を制した広島がプレーオフ権獲得《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループB最終節の横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島が31日に行われ、1-2で広島が勝利した。

▽ここまで3勝2敗で3位の横浜FMと、同2勝1分け2敗で4位の広島がプレーオフ進出圏内(2位、3位)入りを懸けて激突した。横浜FMは直近の清水エスパルス戦(3-1で勝利)から全選手を入れ替え、富樫やバブンスキー、中島らを起用。対する広島も直近のジュビロ磐田戦から11名を変更し、工藤やフェリペ・シウバ、森島らを先発させた。

▽試合は、23分に広島が動かす。ゴール前でやや混戦となると、最後はゴール至近距離の工藤がヒールシュート。これが決まり、広島が試合の均衡を破った。

▽ハーフタイムにかけて同点弾を狙う横浜FMは、39分にセットプレーからチャンス。左サイドからバブンスキーがゴール前にFKを入れると、新井が飛び込む。だが、ボールはバーの上にはずれ、ゴールとはならなかった。

▽迎えた後半は、立ち上がりから横浜FMが積極的に前へ出る。ビハインドを背負う横浜FMは58分、ゴール至近距離で仲川、中町と立て続けにシュートに持ち込むも、GK中林の好セーブと広島守備陣の身体を張ったディフェンスに遭い、ネットを揺らせない。

▽しかし、攻め続ける横浜FMは、61分に追いつく。ボックス右に走り込んだ新井が投入されたばかりの齋藤からのパスを受けて折り返しのボールを入れる。これに正面の仲川が合わせ、横浜FMがスコアを1-1のイーブンに戻した。

▽その後、終盤にかけては、77分に富樫に代えてウーゴ・ヴィエイラを投入した横浜FMが勝ち越し弾を狙う広島を制しながら試合を進める。それでも、広島は86分に勝ち越し弾を挙げる。ボックス左で仕掛けた柏のクロスに正面の宮吉がヘッド。これが決まり、広島がリードした。

▽結局、このゴールが決勝点となり、試合終了。広島が横浜FMを上回り、グループステージ3位でのフィニッシュでプレーオフ権を獲得した。プレーオフでは、グループAで2位のFC東京と対戦する。