<TIF2017>、全国選抜ライブを勝ち抜いた次世代8組のアイドルが決定

写真拡大

2017年8月4日から6日までお台場・青海周辺エリアにて開催する世界最大のアイドルフェス<TOKYO IDOL FESTIVAL 2017>の出場権をかけ、全国7都市で行われた<TIF2017全国選抜LIVE Powered by ニッポン放送>の全日程が終了。各ブロックの8組の優勝者が決定した。

4月2日の関東Aブロック選考ライブかスタートし、5月28日(日)に開催された関東Bブロック選考ライブまで2ヶ月間をかけ行なわれた最終選考。関東Aブロック代表は、「可愛い」や「完璧な」という意味を持つグループ名を掲げる王道アイドル「Parfait」(よみ:パルフェ)が選ばれた。近畿ブロック代表は、グループ名はフランス語で「小さな花」。小さな花が集まって大輪になるという意味が込められた、ちょこまか系アイドル「フルーレット」。中部ブロック代表は、応援ソングを中心に全国に夢と希望を届けるアイドルユニット「Candy☆Drops」(よみ:キャンディ ドロップス)。北海道・東北ブロック代表は、地元仙台はもとより首都圏・東海圏でも活動展開中の「虹の架け橋」。

中国・四国ブロック代表は、岡山県のフリーペーパー親子情報誌HUGHUGの専属モデルから誕生したアイドルグループ「feelNEO」(よみ:フィールネオ)。九州・沖縄ブロック代表は、福岡発クール・ハード・ビューティ・アイドルグループ。ファーストシングル「7 〜SeVeN〜」がオリコンデイリーランキング初登場3位を記録した「パピロジェ」。北陸ブロック代表は北陸、東京、名古屋、大阪を中心に全国的に活動を展開し、オタクという名の戦士たちに愛と癒しを届ける「空野青空」(よみ:そらのあおぞら)。そして、関東Bブロック代表は、静岡を拠点に活動し静岡おでんPR隊など地域活性活動にも積極的に参加している、「ROSARIO+CROSS」(よみ:ロザリオ クロス)。

激戦を勝ち抜いた以上8組は今夏、<TOKYO IDOL FESTIVAL 2017>への出演が決定している。