五郎丸歩公式サイトより

写真拡大

 2015年のラグビーW杯で一躍全国的なスターになったのが、日本代表のキッカーを務めた五郎丸歩(31)。プレースキックを蹴る際の“ルーティン”は「五郎丸ポーズ」と呼ばれ、その年の流行語大賞にもノミネートされたが、そんな彼が悩める日々を過ごしている。

 ラグビーW杯で強豪・南アフリカから大金星を上げ、日本のみならず世界から称賛を浴びた日本代表。チームを牽引した五郎丸が選んだ次なる挑戦は海外だったが、その壁は予想以上に高かったようだ。スポーツライターが語る。

「五郎丸はW杯後にまずオーストラリアの強豪『レッズ』に活躍の場を求め、さらに翌年にはフランスの『トゥーロン』に移籍しましたが、はっきり言って失敗でしたね。オーストラリアでは監督から『課題は英語力』と言われ、スタメンを外された五郎丸でしたが、フランスでもなかなか出場機会を得ることができず、出場したのは数試合。今年4月には、チームの会長が『今季限り』とのコメントを発表しています」

 選手として脂の乗った時期をベンチで過ごしてしまった五郎丸。それでも彼の存在は日本ラグビー界にとって大きなものかと思いきや、さらに追い打ちをかけるようなことがあった。

「日本代表は6月に強豪アイルランドとのテストマッチを控えていますが、薫田真広・強化委員長が25日、五郎丸について『若い選手にチャンスを与えることも選択肢のひとつ』と発言。代表に招集しない方針を明らかにしました。『試合に出ていない選手は呼べない』というわけです」(同)

 五郎丸の年齢と今の状況を考えると、次回のラグビーW杯に出場するのはかなり厳しい状況だが、一部からはこんなことがささやかれているという。週刊誌記者が語る。

「五郎丸は早稲田大学出身ですが、同大のラグビー部OBといえば森喜朗元首相で、彼はラグビーW杯日本誘致の立役者。日本ラグビーフットボール協会の名誉会長も務めています。そんな縁もあって、五郎丸は15年の11月に開催された自民党立党60年記念式典に“サプライズゲスト”として出席しました。ラグビー選手としては先行きが不透明な状況ですが、知名度は抜群ですし、さわやかなイメージは政治家にぴったり。自民党は過去にも、元スピードスケートの橋本聖子や元スキー・ノルディック複合の荻原健司、昨年の参院選では元ビーチバレーの朝日健太郎を当選させており、虎視眈々と『我が党から』と思っているでしょう」

 くしくも次回の参院選は、ラグビーW杯が日本で行われる2019年。前大会のヒーローが、政治家として大会に携わる可能性は十分にありそうだ。