パネルRPG『ディバインゲート』がこの夏に新章に突入します!

『ディバインゲート零』(以下、ディバゲ零)として新たな主人公の物語が始まり、ゲームシステムもブラッシュアップ!


© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 以下、同じ



新章に変わることで、どんな新要素が登場するのか?さっそく紹介していきましょう!


キャラクター:新主人公はバンドメンバー?

新主人公はギターのカズシ(央神和志)、キーボードのココロ(磨能心路)、ベースのシンク(宮寺真玖)、ドラムのリアン(真行寺莉杏)。


詳細は不明ですが、どう見てもバンドメンバーですよね?

そもそも『ディバゲ』は音楽のクオリティが高いゲームでしたが、もしかしたら新章『ディバゲ零』ではボーカル付きの熱い楽曲が登場するかもしれませんね!

Gt.カズシ(央神和志)

ちょっとやんちゃな感じに見えるカズシ。ヘアバンドが赤いこともあり、個人的には炎属性のキャラクターだと感じます!


Key.ココロ(磨能心路)

青系のファッションなので、ココロちゃんは水属性だと予想!

それにしても、キーボードのデザインがかっこいい!


Ba.シンク(宮寺真玖)

クールで知的な印象を受けるシンク。銀髪は『ディバゲ』だと無属性のイメージが強いのですが、どうでしょうね?


Dr.リアン(真行寺莉杏)

セクシーな服装のリアンさん。「私の存在は二律背反。二つの瞳は二つの世界を映し出すわ」という言葉とつながるように、右目が赤、左目が青と、瞳の色が違います。


ファッションカラー的には赤=炎属性が連想されますが、長い金髪は光属性を思わせます。ちょっと属性の予想が難しいキャラですね。

ストーリー:魔影蝕によって統合されそうな世界

物語は、理力界と魔力界という軸の異なる共時世界で展開する模様。

主人公の立ち位置などは不明ですが、『ディバゲ』ファンとしては「再創」という言葉にピンときちゃいますね!

かつて、世界を望んだものがいた。
かつて、世界を望まなかったものがいた。

2つの想いは“相克”を生み、重なり合う世界が再創されたー

理力と呼ばれる力で支配された“理力界”。
魔力と呼ばれる力で支配された“理力界”。
同時に誕生した2つの世界は、軸の異なる“共時世界”として存在していた。
本来1つであるべき世界には、統合しようとする“相克”がある。
“相克”は“魔影蝕”という形になって、2つの世界を統合しようとしていた。

ーーー公式サイトより転載


システム:バトル中心となり、アドベンチャーパートが追加!

『ディバゲ零』ではインターフェースが大きく変わり、さらにスピーディーに遊びやすくなるとのこと!


大きな変化として、探索パートがなくなり、連続バトルが展開することに。道中のトラップ対策などを気にしなくてもよくなるので、よりバトルに特化したパーティ編成を楽しめますね!


各ユニットのHPが個別に管理されるようになるほか、次に来るネクストパネルが表示されるようになるので、パズル性が高まりそうな予感!

さらに、アドベンチャーパートが追加され、キャラクターのセリフや寸劇も楽しめるようになります。
ドラマ性の高さも『ディバゲ』の魅力だったので、物語を視覚的にも楽しめるようになるのはうれしいですね。

▼ゲーム画面には、何気なくミズキとメルティというプロフィール未公開キャラが登場しています。


ちなみに、新章となっても、今持っているユニットを使用できるところもポイント。
ゲームシステムの変更にともない、スキルなどの調整は入ると思いますが、思い入れが深いユニットを使い続けられるのはありがたいですね!