出典:https://www.shutterstock.com

恋人同士でカラオケデート。そんなに珍しいことではないでしょう。

特に若い世代のカップルには、この手のデートは定番かもしれません。

どうせだったら、2人で楽しく歌って盛り上がってもらいたいところですけど、選曲にはある程度センスというか、相手に与える心理的な影響もあると考えておくべきかもしれません。

というのも、男性というのは面倒なことに「うわ、こんな曲歌うんだ。ちょっと引くわ」と感じるようなことが、結構珍しくないのです。

そこで今回は、特に男性がドン引きしやすい曲の傾向についてご紹介していきたいと思います。

 

■女性の自分本位な恋愛感が歌詞にある曲は、ウケない…

恋愛ソングって、いつの時代もリリースされ続けていますよね。

そもそも、男性は恋愛ソングというのはあまり好きではありません。この手の曲は聞く機会もありませんし、歌詞もなんというか、甘ったるいというか、120%女性目線のものが多く感じてしまうんです。

実際にはその限りではないんでしょうが、とにかくアレルギー反応を見せる男性は大勢います。僕もその中の1人です。

歌詞の内容、そしてそれを意気揚々と歌う彼女の顔。どちらもが男性に、イヤ〜なプレッシャーを与える可能性があります。

 

■情念のこもった重い歌も、ちょっとキツい…

それから、これも歌詞に対して男性が拒絶反応を見せやすいポイントなのですが、女性の強い情念を感じさせる曲というのは「重いなぁ」と思われてしまうリスクがあります。

傾向として、ほとんどの場合は演歌がこれに該当するんですけど、たまにJ-POPで思いっきりこの特徴を完全に兼ね備えた曲もあるので、油断禁物です。

せっかくのカラオケデートで、男性にドン引きされたら元も子もないので、どうしてもこの手の曲が歌いたいという場合は、友達同士のカラオケで発散することにしましょう。

一方で男性も、デートで歌うべきではない曲が十八番という人も結構いて、彼らもまた同性同士のカラオケで、そういった曲を歌っているものです。

 

■英語、ラップの曲は勘弁して…

みなさんは他人が歌うカラオケを聞いていて、なんか無性に恥ずかしくなった経験はありませんか?

音程が外れ倒していたり、途中でセリフが入っていたり。こういうのを聞くと、他人事ながら赤面するシャイな男性というのも、そこそこいます。

特にキツいのが、あんまり英語が上手くないのに洋楽を歌ってしまう彼女を見ているときです。

これはもう、我が彼女のことながら、相当キツい思いをしてしまいます。

それから、ラップを彼女が歌っているのを聞いていても、やっぱり恥ずかしい気持ちになる男性もいます。

しっかりと韻を踏めてないままグダグダになって途中で“演奏終了”なんか押していたら、もう本当に、生き地獄です。

 

今回は男性目線から、カラオケデートで女性が歌ったら引いてしまう曲の傾向についてご紹介しました。

該当する曲を歌う場合には、重々注意しておいたほうがいいかもしれません……。

【画像】

※  file404/shutterstock

【関連記事】

※ 男の興奮スイッチがオンになる。女子の発情仕草3つ

※ 彼が自然に求めてくる。ドン引きされない「発情サイン」4つ

※ じゃあ、休憩していく?男子がこっそり発している「発情サイン」3つ

※ 君しか愛せない♡「彼氏を惚れ続けさせる女」になるためのコツ

※ アツイ一夜を。男がメロメロになる「勝負下着」のポイント

※ うわ〜ん…ヤリ過ぎちゃった!? 男子がドン引きする「女のエロテク」3つ