石原さとみが初共演の大野智を絶賛

写真拡大

『のぼうの城』の和田竜による時代小説を、嵐の大野智主演で映画化した痛快アクション『忍びの国』(7月1日公開)のジャパンプレミアが、5月31日にTOKYO DOME CITY HALLで開催。大野智や石原さとみら豪華キャストが登壇した。初共演の大野と石原は、お互いをほめ合った。

【写真を見る】石原さとみ、セクシーなオーガンジーのドレスの全身ショット

忍者を演じた大野は、最初に劇中さながらの“身代わりの術”風に、シルエットからのポップアップで登場し、会場を沸かせた。舞台挨拶には、大野、石原、伊勢谷友介、鈴木亮平、立川談春、知念侑李、マキタスポーツ、満島真之介、中村義洋監督の計9名が登壇。

大野は初共演の石原の印象について「さとみちゃんとはバラエティで何回かいっしょだったけど、こういったお芝居は初めてでした。今回は夫婦役で。さとみちゃんの目力が非常にきました」と答えた。

石原は大野について「大野さんは『すごいね』と言わせてくれないすごい人です。努力しているのを見せない方。あたかもできることが当たり前って感じで現場にいるので、常にハラハラせず安心していられる。余裕をもって現場に来られるんです」と称えた。

鈴木は「リーダーだってことだよね。本当にぶれない。一切動じない」とほめちぎり、大野と握手をする。石原も「台詞も完璧なんです。すごいスケジュールだったんですが」と感心しきりだった。

最後に大野が「いろんな要素がたくさん詰まった盛りだくさんな映画になっています」とアピールし、大盛況のなか、舞台挨拶を締めくくった。

『忍びの国』は、織田信長も恐れた伊賀・忍び軍団の活躍を描く時代劇アクション。主人公・無門を大野智が、妻・お国を石原さとみが演じる。【取材・文/山崎伸子】