出典:https://www.shutterstock.com

たとえ偶然でも、気になる異性とカラダの一部が触れると、ビビビッと衝撃が走るもの。あなたも思わぬボディタッチから、“恋”を意識した経験があるのではないでしょうか?

そこで今回は、20〜30代独身男性に聞いた! 正直ドキドキが止まらない“女性からのボディタッチ”をピックアップしてみましたよ。

 

■肩ポン、ではなく二の腕ポン!

「後ろから呼び止められるとき、肩をポンと叩かれるより、二の腕の辺りをそっとタッチされながら“ねぇねぇ”って言われると、最高にドキッとする。」(25歳/金融)

彼女の姿を確認できないけれど、声や体温を感じる。この絶妙な距離感と、肩ではなく神経が集中した二の腕への不意打ちのボディタッチは、男性のハートに火をつけるといいます。

特に二の腕の“内側”を狙うのがポイント! あなたもカレのちょっと後ろを歩きながら、「ねぇねぇ」と二の腕ポンで呼び止めてみてはいかがですか?

 

■肩、髪の毛についたゴミを取るとき

「特別なことではないって分かっているけど、“ちょっと動かないで!”と言いながら、髪の毛や肩についたゴミを取る瞬間、妙に鼓動が早まるのは俺だけじゃないと思う。」(28歳/メーカー)

肩についた小さなゴミを取ってあげたり、折り曲がった襟を直してあげたり。「ちょっと待って!」とカレを静止させる気遣いボディタッチは、効果絶大!

正直“オンナ”として意識していなかった女性でも、一気に“恋人候補”に昇格するチャンスがあるといます。あなたもさりげない女子力アピールで、カレのハートを射止めてみてくださいね。

 

■ふたりっきりのとき「限定」のボディタッチ

「だれかれ構わずベタベタしている女性は、ちょっと勘弁かな。どうしても尻軽っぽいイメージが付きものだから。でも、ふたりっきりになったときだけ距離が近かったり、カラダに触れる機会が多くなると、“もしかして……”と期待してしまう。」(27歳/IT)

周りにいる男性に手あたり次第ベタベタするなんて絶対にダメ! 本命のカレに「こいつ、オトコ慣れしているな」と敬遠されるのがオチですよ。

男性をドキッとさせるボディタッチのコツは、いつも控えめで大人しい女性が、ふたりっきりのときだけちょっぴり大胆に振る舞うこと。カレだけのときを狙って、思いきってチャレンジしてみて!

 

■そっと耳打ちするとき肩に添える手

「人混みの中でまったく声が聞こえなかったとき、耳元で話かけてきた彼女。もうキスするんじゃないかっている距離感と息遣い、肩に触れた華奢な手にドキッとした。」(29歳/商社)

駅のホームや飲み会の席など、周りの音がうるさくて声が聞こえないことがありますよね。そんなときは、カレの耳元に顔を寄せて話しかけてみましょう。

ここでのポイントは、あなたの口もとに添える手と、男性の肩に添える手。思わずキスしてしまいそうな距離感のドキドキと、女性らしいラインの出るボディタッチで、カレをドキッとさせちゃいましょう。

 

日常生活の“さりげない”ボディタッチは、男性を最高にドキッとさせるもの。カラダが触れた瞬間に目が合ったら、ニコッと微笑みサッと視線を逸らす女性らしい恥じらいも忘れずに……!

【取材協力】
※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ HighKey/shutterstock

【関連記事】

※ 好きだから…じゃないの!? ボディタッチをしてくる男性の心理

※ モテすぎ注意♡男がドキッとする飲み会中のボディタッチ4選

※ そこはいいって!男がエッチ中に「あまり触ってほしくない部分」ってドコ?

※ めんどくさい女だな…男に鬱陶しいと思われる「恋の駆け引き」4つ

※ うわっ、たまんねぇ〜!男子をドキッとさせる小悪魔級エロテク

※ 男の興奮スイッチがオンになる。女子の発情仕草3つ